注目キーワード

史上2人目の快挙レジェンド大竹慎吾選手の戦歴,賞金,プロフィールまとめ

レジェンド大竹慎吾選手のプロフィール

レジェンド大竹慎吾選手2
氏名 大竹 慎吾
府県 大分県
期別 55期
級班 A級1班
登録番号 011198
今期得点 92.00
次期級班S級2班
脚質 追A級1班 2019/07/01
S級2班 特昇 2018/06/06
A級1班 2018/01/01
  • 身長・体重・体力等
星座 九星 血液型 身長 体重
双子座 八白 AB 173.0cm 87.0kg
胸囲 太股 背筋力 肺活量
110.0cm 64.0cm 200.0kg 5000cc

レジェンド大竹慎吾選手の経歴

大分県立日出高等学校時代、1982年及び1983年の国民体育大会・少年1kmタイムトライアル、並びに1983年の全国高等学校総合体育大会(インターハイ)の同種目でそれぞれ優勝
これらの実績を讃えられ、大分県民栄誉賞を1983年に受賞した。
その後、技能試験免除で競輪学校に入学。同校の在校競走成績は第3位(78勝)だった。
  • 1985年5月11日、久留米競輪場でデビューし8着。初勝利は同年5月13日の同場。
  • 1991年、高松宮杯競輪(大津びわこ競輪場)6位。ふるさとダービー(別府競輪場)4位。
  • 1992年、全日本選抜競輪(岸和田競輪場)6位。ふるさとダービー(別府競輪場)2位。
  • 1993年、日本選手権競輪(立川競輪場)決勝戦で、優勝の海田和裕に次いで2着でゴールしたが、海田後位で激しく競り合った伊藤公人とともに失格の判定を受けた。ふるさとダービー(玉野競輪場)7位。
  • 1996年、共同通信社杯競輪(名古屋競輪場)3位。
  • 2013年、高知競輪場開設記念初日11レースで、武田豊樹ら7選手が追走義務違反で失格となったが、その中の一人だった。その後、同年9月1日から3ヶ月間の斡旋停止処分を受けた。また、この影響を受け2014年の下期(7月~12月)において、S級1班から一気にA級1班へと降級することになった。
  • 2014年7月1日よりA級陥落。
    降級後の成績は3着以下が一度もなく、同年8月下旬に出走したホームバンクの別府競輪場、同年9月の福井競輪場といずれも完全優勝。続く富山競輪場で9月26日のA級決勝戦を制し、S級特進を果たした。加えて、49歳での9連勝特進は、2008年4月に達成した三和英樹の従前最年長記録である39歳を大きく上回るものであった。
  • 2015年3月27日、豊橋FIで優勝。萩原操のS級最年長優勝記録(2014年、51歳1ヶ月9日)には及ばないものの、49歳9ヶ月での優勝を果たした。
  • 2016年5月3日、50歳11ヶ月の年齢だった佐世保FIで優勝。萩原操に次いで、史上2人目となる、50歳以上のS級優勝を果たした。
  • 2018年6月5日、特別昇級をかけた3着権利のレインボーカップA級ファイナルにて2着。52歳11ヶ月23日での特別昇級(S級特進)は最高齢記録となっている。

レジェンド大竹慎吾選手の友人

  • 川崎 憲次郎(野球)
    県佐伯市出身の元プロ野球選手(投手)、野球解説者、野球指導者。
    現役時代はヤクルトスワローズ(1989年 – 2000年)で主力投手として活躍し、通算234試合に登板して88勝を挙げ、特に対読売ジャイアンツ(巨人)戦では通算29勝を挙げている。
  • 山崎 良哉(ゴルフ)
  • 堀内 陽次郎(ゴルフ)

レジェンド大竹慎吾選手の練習仲間

  • 小野 俊之選手(大分・77期)
  • 小岩 大介選手(大分・90期)
  • 江口 誉 選手(大分・97期)
  • 利根 正明選手(大分・97期)
  • 大塚健一郎選手(大分・82期)
  • 大野 悟郎選手(大分・83期)
  • 安東 英博選手(大分・87期)
  • 安東 宏高選手(大分・90期)
  • 藏居 武雄選手(大分・48期)
  • 後藤 太 選手(大分・59期)

レジェンド大竹慎吾選手1

大竹慎吾54歳は前回優勝を飾り来期はS級復帰

特選シード組で最年長となる大竹慎吾(54=大分)は、前回松阪で久々の優勝を飾っての参戦。

佐山寛明-奥谷広巳の近畿3番手から一気に突き抜けたもので、とても54歳とは思えない強烈な差し足だった。
「いや~あ、たまたま。付けたラインが行ってくれましたからね」と控えめに笑うが、来期はS級に復帰とまだまだ元気いっぱい。
「うまく流れに乗って、頑張りますよ」と、ここでも存在感を示すつもりだ。

 競輪プレス

54歳になってなお衰えない肉体と強靭な精神力は見るものを熱くさせる。

twitterでは、以下のようなコメントあが多く見られた。
これからも競輪界を最前線で引っ張って行って欲しい人である。

大竹慎吾選手の直近の戦績

1着  3回
2着     3回
3着   6回
着外      12回
棄権   0回
失格   0回
総出走回数  24回
勝率   12.5%
2連対率      25%
3連対率   50%
ホーム回数  0回
バック回数  0回
競走得点  92.00

大竹慎吾選手の出場予定のレース

  • 豊橋競輪場 F1ニュー八千久杯争奪戦 04/17~04/19
  • 小松島競輪場 F1西日本カップ第3回宝輪杯 04/27~04/29
  • 京王閣競輪場 F1恩田繁雄杯&日刊スポーツ杯 05/04~05/06
  • 別府競輪場 F1別府八湯ゆけむりカップ 05/23~05/25
  • 玉野競輪場 F2 ニッカンコム杯 05/30~06/01