注目キーワード

競輪コロナウイルスの影響観客なしで開催し投票はネットだけで売り上げ激減!!

競輪の無観客開催の実施及び競輪場・場外車券売場での発売中止について

以下、公式サイトより引用

標記について、政府及び関係省庁からの新型コロナウイルス感染症拡大防止を目的とした、イベント開催規模縮小の要請を受け、2月26日に競輪関係団体で構成する「新型コロナウイルス感染症対策本部」(本部長:白仁田洋介JKA執行理事)において、今後の競輪開催について協議を行った結果、お客様の安全を最大限に考慮し、社会全体の感染拡大のリスクを抑えることが求められている現状を踏まえ、当面の間(2月27日~3月11日まで)、全国の競輪場において、無観客での競輪開催を実施することとなりました。

なお、電話・インターネット投票では通常通りご購入いただけます。
お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解を賜りたくお願い申し上げます。
今後につきましては、事態の推移を踏まえ引き続き検討し、決定次第お知らせいたします。1. 本場の開催及び車券発売について
本場での車券発売は実施せず、当該期間は無観客での開催とします。2. 本場以外の車券発売について
(1) 場間場外売場における発売については、当該期間は実施しません。
(2) 専用場外売場における発売については、当該期間は実施しません。
(3) インターネット投票、電話投票については通常通り実施します。

2020年2月27日から3月11日までの期間で、全国の競輪場、場外売場が休業となる。
実に2週間もの間、観客なしでの開催となり、競輪のミッドナイト開催と同じような状況となってしまっている。
休業の期間でのグレードレースは二つある。
  • G3「春日賞争覇戦」2月27日〜3月1日
  • G3「瀬戸の王子杯争奪戦」3月5日〜8日

奈良競輪場と玉野競輪場ではどちらも売り上げ現状は避けられないだろう。

コロナで観客無しでG3「春日賞争覇戦」開催

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、27日から全国の競輪場すべてで無観客での開催となった。
同日に初日を迎えた奈良競輪の開設69周年記念「春日賞争覇戦」(G3)でも一般客の立ち入りが禁止となり、スタンドは無人。年度内では一番の売り上げとなる記念開催だが、全国の場外車券発売場でも発売中止となったため、奈良記念の第1Rの売り上げは昨年比40.1%の2132万6900円激減した。そのオープニングレースで1着となった筒井裕哉(38)=兵庫=は「発走機についても反応がないし、つまらない。1着だし余計に歓声がほしかった」と喜びも半減した様子だった。奈良競輪場では、無観客での開催を知らずに訪れる人もチラホラ。午前10時すぎに奈良市内から来たという70代の男性は「もっとよく調べてから来たらよかった。楽しみにしていたのに残念。いつまで(無観客開催が)続くんやろ」と、肩を落として帰路に就いた。
競輪プレス
投票がネットと電話投票のみとなってしまい、その期間がさいていでも2週間はある。
今回の措置はあくまで感染拡大を予防する形で取られたものである。事態の終息を見込んでの対応ではないため、3月11日に解決するとは到底思えない。