注目キーワード

G1日本選手権ダービー59年ぶりコロナにより開催中止!静岡競輪場

コロナウイルス感染拡大防止のためG1日本選手権ダービー中止を発表!!

静岡市は24日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、静岡競輪で5月5日から6日間の日程で行う予定だったG1日本選手権(ダービー)の開催を中止すると発表。
田辺信宏市長が定例会見で明らかにした。

笹部俊雄JKA会長のコメント

歴史と格式を誇る第74回日本選手権競輪が中止になることは誠に残念ではありますが、これまで開催に向けて準備にご尽力されたにもかかわらず、新型コロナウイルス感染拡大防止のため静岡市が下した苦渋の決断であり、やむを得ない事と存じます。

開催を楽しみにされていたお客様と争覇に向き合う参加選手に対しましては、多大なるご迷惑をおかけしますことに、なにとぞご理解を賜りますようお願いいたします。
競輪は地方財政への寄与ならびに社会貢献など公益性の高い事業を通し、長きにわたりお客様に愛されてきました。

日本選手権競輪の中止は、競輪界にとって大きな痛手を被る事態となりましたが、無観客開催を引き続き実施していくため、関係者一丸となって新型コロナウイルス感染拡大防止に最善の努力を払ってまいりますので、ご理解ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

※日刊スポーツより引用

59年ぶりのG1日本選手権ダービー中止

G1日本選手権ダービーは、全6大会ある競輪のG1の中でも最高峰の権威を持つレースである。

ダービーが中止されたのは、後楽園競輪で予定されていた61年以来59年ぶり2度目
当時は全国争覇競輪の名称で、前年の後楽園競輪場内の混乱により警察当局から警備上の指摘を受け、施行者だった東京都が開催を返上。
中止に追い込まれた過去がある。

特別競輪(現G1)としては、開催場が決まらずオールスターが実施できなかった71年以来、49年ぶり6度目の開催中止となった。
また、89年にはグランプリが賞金問題で中止になった例がある。

田辺信宏静岡市長のコメント

5月5日から10日まで静岡競輪場にて開催を予定しておりました「第74回日本選手権競輪」については、断腸の思いではありますが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、中止することを決定いたしました。

これまで競輪ファンの皆さんに楽しんでいただきたいという思いで、無観客による開催を模索してまいりましたが、無観客であっても開催にあたっては、どうしても参加選手や関係者の移動を伴うことから、この先の感染拡大を左右する重要なこの局面において、苦渋の決断をしたところです。
開催を待ち望まれていた皆様には、大変残念なお知らせで申し訳ありませんが、この事態が終息しましたら、また静岡競輪は復活しますので、その際、再び多くの皆様にご来場いただきますよう、お願いいたします。

G1日本選手権ダービー中止を受けて参加予定選手がコメント

高木真備選手

5月7日のガールズケイリンコレクションに出場予定だった高木真備選手
頑張って出場権を勝ち取った大会の中止は残念です、新型コロナウイルスを終息させることを最優先に考えての判断なので仕方がないと思います。また皆さんの前で走れることを励みに頑張ります

清水裕友選手

S級S班として出場予定だった清水裕友選手
中止の決定は残念ですが、ダービーの開催に向けて最後まで尽力していただいた関係者の方々に、お礼を申し上げたいと思います。競輪は公営競技なので、社会に役立てることは必ずあると信じています。僕もまたファンを沸かせるレースをお見せすることを約束して、今やれることを精いっぱい頑張ります

深谷知広選手

オールスター以来の実戦に復帰した深谷知広選手も、出走予定だった久しぶりのG1が中止になって複雑な表情であった。
残念ですが、いろいろ考えた末の選択だろうし、それはしっかりと受け止めようと思う。次に向けて自分たちができることを選手で考えてしっかり取り組んでいきたい