注目キーワード

5月7日~広島競輪モーニングMo.7GP Kドリームス杯展望情報,注目選手バンク情報

コロナによる競輪開催中止が相次ぐ

競輪開催中止の競輪場一覧

・防府 (FII) 5月4日(月)~5月6日(水)
・京王閣(FI) 5月4日(月)~5月6日(水)
・福井(FII) 5月4日(月)~5月6日(水)
・静岡 (GI) 第74回日本選手権競輪5月5日(火)~5月10日(日)
・奈良(FII) 5月6日(水)~5月8日(金)
・松山(FII) 5月6日(水)~5月8日(金)
・函館(FII) 5月8日(金)~5月10日(日)
・西武園 (FII) 5月8日(金)~5月10日(日)
・別府(FII) 5月8日(金)~5月10日(日)
・奈良(FII) 5月10日(日)~5月12日(火)
・防府(FII) 5月10日(日)~5月12日(火)
・立川(FII) 5月11日(月)~5月13日(水)
・平塚(FI) 5月11日(月)~5月13日(水)

競輪プレス
第74回日本選手権競輪(GI)が中止になったことは、競輪界にとって大きな打撃である。
歴史のあるレースなだけに注目されており、本当であればGWと重なったことにより多くの観客が会場に詰め寄せていただろう。

5月7日~広島競輪モーニングMo.7GP Kドリームス杯注目選手

5月7日~広島競輪モーニングMo.7GP Kドリームス杯展望情報,注目選手バンク情報

伊藤颯馬‐屋宜浩二の九州勢が軸!

A級2班ながらも伊藤颯馬選手は、3月広島競輪の決勝戦は、打鍾からの仕掛けで、HSでは先頭に立ち後続の追撃を振り切り完全優勝を飾るなど、広島競輪場での相性も良い。

生年月日 級班所属日
1999/03/24 2019/08/31
今期得点 次期級班
95.40 A級1班
脚質 性別

■直近4ヶ月成績

1着 2着 3着 着外 棄権 失格
12 1 4 2 0 0
総出走回数 勝率 2連対率 3連対率
19 63.1 68.4 89.4
ホーム回数 バック回数 競走得点
9 10 95.78

屋宜浩二選手は、3月広島競輪の決勝で、今シリーズも同配分の伊藤の番手を好マークし2着。
今シリーズはゴール前勝負で優勝を狙ってくるだろう。

生年月日 級班所属日
1985/08/30 2019/07/01
今期得点 次期級班
93.87 A級2班
脚質 性別

■直近4ヶ月成績

1着 2着 3着 着外 棄権 失格
0 5 2 3 1 0
総出走回数 勝率 2連対率 3連対率
11 0.0 45.4 63.6
ホーム回数 バック回数 競走得点
0 0 92.80

吉田智哉‐栗田貴徳の愛媛コンビも強力タッグを組む。

吉田は前期のS級戦でも決勝にまで駒を進める脚力があり、1月から2度の完全優勝を含む6度の優勝歴がある。
A級戦ではスピードの違いをみせる。
栗田は優勝こそないものの、決勝戦の常連として安定感のある走りをみせる。
3月松山競輪の初日特選では、先手ラインの強烈なブロックを受けながらも持ち前のガッツで乗り切り、直線を鋭いキメ脚で勝ち星をあげる。

地元広島の市本隆司は、ベテランらしい走りで存在感を示している。
安定したマーク捌きには定評があり、3月京都向日町の決勝戦ではラインの番手を死守し2着になるなど好走している。地元戦だけに奮起を期待する。

相笠翔太‐原田泰志の遠征勢も侮れず

相笠は2月川崎競輪の決勝戦で、3コーナーからの捲り追い込みで優勝
3月大垣競輪の決勝では、BSからの仕掛けで、前団とのモガキ合いを制し2場所連続の優勝を飾る。
原田は、展開次第では捲りもある自在タイプだ。2月西武園競輪の決勝では、ライン3番手の競走から鋭く追い込み優勝するなどキレで勝負する。

A級トップクラスのレーサーが集結し、7車立で行われる今シリーズは激戦となりそうである。

広島競輪場のバンク情報

  • クルマでのアクセス
    宇品ICより5分・無料駐車場1,297台分完備
  • 電車でのアクセス
    JR広島駅〜広島港より徒歩5分
  • タクシーでのアクセス
    広島駅より広島競輪場20分
  • バスでのアクセス
    広島バスセンター〜紙屋町東より徒歩5分

広島競輪場の施設紹介

広島競輪は1952年に開設され、毎年12月には記念競輪『ひろしまピースカップ』(GⅢ)が開催されている。
現役時代に通算1188勝を挙げた古田泰久選手のメモリアル写真展のある多目的ルームや食堂が3箇所、喫茶店が1箇所がある。
その他、自転車のメカニックや展示スペース、 ゆっくり座ってくつろげる女性向け休憩所や、キッズルーム・ベビールームがあり、一日中、安心してすごせる仕様となっている。
また、古田泰久を称えて『古田泰久記念杯』が開催されている。

広島競輪場のイベント・マスコット

広島競輪場では、子供たちに競輪を知ってもらい楽しんでもらう為に様々な施設が設置されている。
エア遊具(ふわふわ)、キックバイクなどを常設したサイクルパークや、子供向けに足で蹴って進む「キッズバイク」を使ったレースが開催。
年齢別にクラス分けがあり競輪さながらの激闘が繰り広げられている。

広島競輪場では、2015年にオリジナルマスコット『ひろしまぴーすけ』が登場

広島競輪場のバンク・コース特徴

見なし直線距離 57.9m
センター部路面傾斜 30°47′34″
直線部路面傾斜 3°26′1″
ホーム幅員 10.5m
バック幅員 8.5m
センター幅員 7.3m

広島競輪場のバンクは、1周400メートル。
1994年のアジア大会の際に大規模な改修が行われ、クセのないバンクと有名。
直線も長いため、脚質による有利不利は少ないが、直線では中バンクより外がよく伸びる傾向がある。
選手の間では「重いバンク」といわれている。
海に近い場所に所在しており、ホームスタンド側の数百メートル南方は海岸となっている。

広島競輪場決まり手

1着決まり手:【逃げ19%】・【擦り34%】・【差し47%】
2着決まり手:【逃げ17%】・【擦り17%】・【差し25%】・【マーク41%】