注目キーワード

競輪場及び専用場外車券売場の車券発売・払戻の再開について

競輪場6月1日より場外車券場が再開し始めると発表

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止しておりました車券発売及び払戻について、以下の専用場外車券売場において再開することになりましたので、お知らせいたします。

専用場外車券売場

岩手県 サテライト石鳥谷 発売再開日6月2日  払戻再開日6月2日

※ 払戻有効期間の延長
令和元年12月31日(火)から令和2年2月26日(水)の間に購入し、的中した車券については、全ての競輪場及び専用場外車券売場で払戻が可能となった日から60日後を有効期限。

6月1日・2日の発売・払戻再開予定(5月31日12時現在)

  • 新潟県 弥彦競輪場 – 払戻6月1日
  • 神奈川県 平塚競輪場 – 払戻6月1日
  • 青森県 サテライト六戸 6月1日 6月1日
  • 岩手県 サテライト石鳥谷 6月2日 6月2日
  • 宮城県 サテライト大和 6月1日 6月1日
  • 宮城県 サテライト宮城 6月1日 6月1日
  • 秋田県 サテライト男鹿 6月2日 6月2日
  • 福島県 サテライトあだたら 6月1日 6月1日
  • 福島県 サテライトかしま 6月1日 6月1日
  • 群馬県 ケイドリームス・ドーム館林 – 6月1日
  • 群馬県 利根西前売サービスセンター – 6月1日
  • 山梨県 サテライト双葉 6月1日 6月1日
  • 新潟県 サテライト新潟 6月1日 6月1日
  • 神奈川県 サテライト横浜 6月1日 6月1日
  • 兵庫県 サテライト姫路 6月1日 6月1日
  • 鳥取県 サテライト鳥取 6月1日 6月1日
  • 島根県 サテライト山陰 6月1日 6月1日
  • 岡山県 サテライト笠岡 6月1日 6月1日
  • 広島県 サテライト山陽 6月2日 6月2日
  • 山口県 サテライト宇部 6月1日 6月1日
  • 長崎県 サテライト長崎 6月1日 6月1日
  • 熊本県 サテライト熊本新市街 6月1日 6月1日
  • 熊本県 サテライト宇土 6月1日 6月1日
  • 熊本県 サテライト八代 6月1日 6月1日
  • 宮崎県 サテライト宮崎 6月1日 6月1日
  • 宮崎県 サテライト三股 6月1日 6月1日
  • 宮崎県 サテライト門川 6月1日 6月1日
  • 鹿児島県 サテライトみぞべ 6月1日 6月1日
  • 鹿児島県 サテライト阿久根 6月1日 6月1日
  • 鹿児島県 サテライト鹿児島 6月1日 6月1日
  • 鹿児島県 サテライトきもつき 6月1日 6月1日
  • 鹿児島県 サテライト薩摩川内 6月1日 6月1日

コロナ感染予防のために全てのレースが7車立のレースに変更!

開催参加選手数を減じ、開催参加選手の移動を最小限とすることで、新型コロナウイルス感染症拡大防止で必要な「密集・密閉・密接」を回避・解消し、選手の人命と安全を確保しながら、公正・円滑な競輪開催の継続を維持するため、7月から9月までのGIII、FI、FII開催において、7車9R制で開催することといたします。
  1. 2020年7月から9月までのGIII、FI及びFII開催について、S級、A級及びL級ともに1レース7車立とし、概定番組単独又は複数の概定番組の組み合わせによる、1日9レースの4日制又は3日制開催で実施
  • GIII 4日制 S級7車立9レース
    参加選手数:S級63人
  • FI 3日制 S級7車立5レース及びA級1・2班7車立4レース
    参加選手数:S級35人及びA級1・2班28人
    3日制 S級7車立7レース及びL級7車立2レース
    参加選手数:S級49人及びL級14人
  • FII 3日制 A級1・2班7車立5レース及びA級3班7車立4レース
    参加選手数: A級1・2班35人及びA級3班28人
    3日制 A級1・2班7車立7レース及びL級7車立2レース
    参加選手数: A級1・2班49人及びL級14人
    3日制 A級3班7車立7レース及びL級7車立2レース
    参加選手数:A級3班49人及びL級14人
  1. 2020年7月から9月までのGIII・FI・II開催については、原則として、開催競輪場の所在都道府県と近隣の選手を中心にあっせんする近隣交流で実施。
  2. 7月の広島競輪及び別府競輪のモーニング競輪については、1レース7車立・1日7レース(3日制)で実施する。
    8月及び9月のモーニング競輪については後日発表。
  3. 特別競輪については全国交流で実施
競輪プレス

上記のように、公式より発表がされた。

最後の特別競輪については通常取りの全国からの斡旋となるようなので従来通り白熱したレースに注目である。
問題なのは、9車立から7車立になったことにより、予想やオッズにどのような変化が現れるかである。

競輪7車立のレース当てやすさ2倍以上!3連単が504通りから210通りに!!

競輪には7車立てと9車立ての2つのレースが存在するが、若いファンには「当てやすさ+高配当のバランス」がよいとされる7車立てレースが好まれ好評を博している。

9車立ての3連単が504通りに比べ、7車立ては210通り。
実に2倍以上当てやすいのが人気の秘密である。

配当は低いが的中率が高いとされる本命サイドの車券を投資感覚で購入する“強者”もいるようである。
また、7車立てレースには勢いのある新人のレースや、女子選手によるガールズケイリンが組まれており、特徴のあるレースが多いのも注目点となっている。

華やかなガールズケイリンも7車立てレースのひとつ

7車立ての当てやすいレースが夜に集中していた!

ナイター競輪開催の一部で後半レースに7車立てレースを集中させることになり、アフター5に人気の7車立てレースを楽しむことが可能になった。
さらにネット投票なら、ナイターレース後の「ミッドナイト競輪」で深夜まで7車立てレースを楽しむことができるようになっていた。

それが、今回の発表によって全ての会場、すべてのレースで7車立のレースとなるのである。

従来までは7車立になかなか出場していなかったトップ選手同士の戦いを存分にみることが可能になる!!
この機会を見逃さずに、この2ヶ月間で一気に稼ぐのも一つの手である。

期間限定の7車立で勝ち組になるにはプロ予想にそのまま乗っかれ!!

7車立になることによって的中の可能性が高まると言っても、その分オッズはどうしても低くなる。
車券代を高くすればその分リスクも増えてくるだろう。

だからこそ、プロの予想師にすべてを任せてみるのが、近道である!!

自分専属の担当者になんでも相談できる』サービスはほかにはない。
現状、コロナウイルスによって開催が減少し、開催なしの日もあるがその中でどのように稼ぐかサイトを見ればわかるはずである。

競輪プレスの管理人が実際に利用しているサイトなのでまずは無料情報からみてほしい。