注目キーワード

[超貴重画像]110期鈴木奈央選手がいきなり公開 !!

ガールズケイリン 110期鈴木奈央が貴重写真を公開!

ガールズケイリン選手で自転車競技日本代表の鈴木奈央が18日、自身のSNSを更新。競輪学校時代の貴重な集合ショットを公開した。

19日から小倉競輪で開幕される『第61回朝日新聞社杯競輪祭』を前にした鈴木。
この日は、自身のTwitterに
「同期のみんなが頑張っているのをみるといつも私も頑張らなきゃって思う」
「私も頑張るよ!」と、同期への熱いメッセージをつづるとともに、日本競輪学校(現在の日本競輪養成所)110期生が映った、当時の貴重な集合写真を公開した。

鈴木をはじめ、錚々たる顔ぶれの初々しいショットに、
「これ載せたらみんなに怒られるかな~」と、
ドキドキしている様子の鈴木は、「でも、この写真好きなの」と、思い入れたっぷりにつづった。

このお宝ショットに、写真中央に映っていた鈴木彩夏選手本人も「彩夏も頑張らなきゃ」とコメントしたほか、
ファンからは「奈央ちゃん居た~っ 同期って良いものです」「苦楽を共にした仲間って、大切ですよね。」などのコメントが多く寄せられている。

鈴木奈央選手のプライベート

鈴木奈央競輪ガールズケイリン 110期2

東京オリンピックを見据えた暮らし

東京オリンピックの競技開催地、 修善寺での生活を送る!
自転車競技の日本代表、競技の大会に出場しながら、競輪のレースにも参加している鈴木奈央選手。

今は2020年の東京オリンピックを目指して競技に重きを置いて、
普段は自転車トラック競技が行われる会場の伊豆ベロドロームの近くで暮らして、日々練習している。

鈴木奈央競輪ガールズケイリン 110期3

休日の過ごし方

“リカバリー”の日はロードで1時間自転車に乗るだけなので、その日が”オフ”
ロード帰りに練習仲間とカフェに立ち寄ったり、ランチやお茶をしながらのんびり。

伊豆は、自転車が盛んな街である。
そのまま乗り入れできるカフェがたくさんあるためすごく暮らしやすいそうです。
その中でも、チェレステカフェによく行っているとのこと。
海沿いで景色も良いのでリラックスできると語っている。

鈴木奈央競輪ガールズケイリン 110期5

好きなアーティスト

西野カナさんが大好き、頑張っている女性に向けた「Girls」という曲が一番!
スポーツ選手としてもすごく共感できる歌詞でレース前はこの曲を聴いて気持ちを落ち着かせているようです。

女子力アップのために気遣っていること

サロン通いでリフレッシュ

鈴木奈央競輪ガールズケイリン 110期1

今回のデザインテーマは、ベースカラーとストーンの色味で感じる「秋と夏の狭間」

美容室にもよく行き髪の毛を触られるのが好き。
シャンプーも気持ち良いし、良い香りがするし、雰囲気も良いですし、総じて美容室は女子としてたまらない!!とのこと!

好きな男性のタイプは?

身長が高くて、守ってくれそうなガッチリした体格の人が好き。
今はやってなくても全然良いんですけど、何かスポーツに打ち込んできた人が良い。

性格は、たくさん喋ってくれて面白い人が好き!

理想のデートプラン

ドライブをしながら、水族館に行ったり夜景を見に行ったりしたいです!
遊園地とかで思いっきり遊び倒すデートより、ゆっくりお話ししながら過ごしたいなって思います。

鈴木奈央競輪ガールズケイリン 110期4

 競輪選手になったキッカケ

大学の自転車競技部から何校か声を掛けてもらっていたが、自転車を職業にできるガールズケイリンにも興味があったそう。
両親が大学進学を望んでいたこともあって悩んでんでいたが、高校3年生の時、アジア選手権にジュニアで出場。

同じ大会に“競技”と“競輪”を両立させている加瀬加奈子(かせ・かなこ)選手が出場していて、「私もこうなりたいな」と思ったのが一番大きなキッカケであった。

いざやってみて、両立といっても思った程うまくはいっていないと自分に厳しい鈴木選手であった。

 “競技”と”競輪”の双方で生きること

“競輪”での経験は、自転車競技での「レース慣れすること」に生かせてるんじゃないかなと思う。
“競技”の大会では割とリラックスして走れている。

世界大会などはさすがに緊張するそう…
“競技”で”競輪”のレースより長い距離を走る中距離種目を行うことで、”競輪”ではスタミナを生かした粘り続けるレースをしようとしている。

どちらもやり続けるのは大変だが、仲間と切磋琢磨しながら充実した毎日を過ごして充実しているようである。

鈴木奈央競輪ガールズケイリン 110期7

今後の目標

今は競技にしっかり重きを置いて、2020年の東京オリンピックに出場したいと!
自転車トラック競技は、私の地元・静岡県での開催なので思い入れは人一倍強い。

今までお世話になった方々の前で良い走りをするのが目標です!!

競輪選手としては、やっぱりガールズグランプリに出場したいです。
この目標は、東京オリンピックが終わってからの目標になってしまうと思いますが、この2つの夢を追いかけてこれからも頑張っていこうと思います!