注目キーワード

史上最多ゴールドキャップ5名獲得か!

2019年9月2日〜4日に日本競輪選手養成所にて「第117回・第118回 第2回卒業認定記録会」が実施された。
複数の養成所記録が更新されるなどハイレベルな争いとなった!

ゴールデンキャップを獲得した候補生が5名現れるなど競輪界がどよめいた!!

ゴールデンキャップとは?

日本競輪選手養成所では、記録会の成績によって、訓練時に着用するヘルメットキャップの色が決められている。
白・黒・赤・青は記録会ごとの能力区分によって養成所から「貸与」されるが、ゴールデンキャップだけは本人に「授与」される。

ヘルメットキャップの色別けの基準は以下の通り。

【関連】競輪プレスの実体験を元に検証し、見事儲かった情報元は〇〇!

 能力区分基準タイム(男子)

S
200m 11″20以内
400m 23″00以内
500m 1’08″00以内
2000m 3’49″50以内

男子のゴールデンキャップ獲得者は史上最多 4名

坂本紘規 候補生:プロフィール

生年月日 平成8年8月8日
年齢 23才
府県 青森県
最終学歴 私立 日本大学卒業
主な競技歴 2018年 全日本学生選手権大会トラック自転車競技会 スプリント 2位

 

ゴールドキャップ117回生118回生坂本紘規候補生

記録

200mフライングタイムトライアル 10秒90
400mフライングタイムトライアル 22秒47
1000mタイムトライアル 1分07秒93
3000mタイムトライアル 3分48秒64

町田太我 候補生プロフィール

生年月日 平成12年7月8日
年齢 19才
府県 広島県
最終学歴 私立 山陽高等学校卒業
主な競技歴 全国高等学校総合体育大会 1kmタイムトライアル 3位
2017年 愛媛国民体育大会 1kmタイムトライアル 3位
2018年 福井国民体育大会 1kmタイムトライアル 2位
全国高等学校選抜自転車競技大会 1kmタイムトライアル 4位
中国地域高等学校対抗自転車競技選手権大会 3km個人追い抜き 3位
ゴールドキャップ117回生118回生町田太我候補生

記録

200mフライングタイムトライアル 10秒88
400mフライングタイムトライアル 22秒29
1000mタイムトライアル 1分07秒74
3000mタイムトライアル 3分45秒87

菊池岳仁 候補生プロフィール

生年月日 平成12年6月7日
年齢 19才
府県 長野県
最終学歴 長野県立 岡谷南高等学校卒業
主な運動歴 高校 スピードスケート
全国高等学校総合体育大会 1kmタイムトライアル 7位
2018年 福井国民体育大会 1kmタイムトライアル 4位
ゴールドキャップ117回生118回菊池岳仁候補生

記録

200mフライングタイムトライアル 10秒56
400mフライングタイムトライアル 21秒88 (養成所新記録)
1000mタイムトライアル 1分04秒05 (養成所新記録)
3000mタイムトライアル 3分39秒43

寺崎浩平 候補生プロフィール

生年月日 平成6年1月4日
年齢 25才
府県 福井県
最終学歴 私立 法政大学卒業
主な競技歴 2017年 愛媛国民体育大会 ケイリン 優勝
2018年 福井国民体育大会 ケイリン 優勝 チームスプリント 優勝
ゴールドキャップ117回生118回寺崎浩候補生

記録

200mフライングタイムトライアル 10秒33 (養成所新記録)
400mフライングタイムトライアル 21秒99
1000mタイムトライアル 1分07秒53
3000mタイムトライアル 3分48秒00

 

能力区分基準タイム(女子)

S
200m 12″30以内
400m 25″50以内
500m 38″30以内
2000m 2’41″50以内

女子の獲得者は1名
第114回生の日野未来(奈良)以来の史上7人目の獲得となる。

永塚祐子 候補生プロフィール

生年月日 昭和60年10月25日
年齢 33才
府県 神奈川県
最終学歴 私立 東海大学卒業
主な運動歴 高校 バスケットボール
ゴールドキャップ117回生118回永塚祐子候補生競輪可愛い

記録

200mフライングタイムトライアル 12秒28
400mフライングタイムトライアル 25秒50
500mタイムトライアル 37秒47
2000mタイムトライアル 2分41秒32

ゴールドキャップ117回生118回生

まとめ

今回hが第2回の卒業認定記録会だったが、第1回でもこの5人の中でゴールドキャップを得た候補生がいる。
町田太我候補生と菊池岳仁候補生である。

2度のゴールドキャップ獲得は史上初の快挙である!
早期卒業を両名ともに意識して競走練習に励んでいるようである。

女子競輪選手で史上7人目となる永塚祐子は、
「正直、獲れると思っていなかったので驚いています。ゴールデンキャップを獲った責任を今は感じているので、これからもっと頑張っていかないといけないと思っています。」と語った。

これからの競輪界を背負ってたつ選手がこの中から出てくるかもしれない。