注目キーワード

取手競輪開設69周年記念2019「水戸黄門賞」で勝つために抑えて置きたいポイントと展望を紹介

取手競輪開設69周年記念「水戸黄門賞」展望

6月1日〜4日の日程で開催。
優勝争いをリードするのは充実一途の松浦悠士
地元勢は吉田拓矢吉澤純平武田豊樹の強力布陣で他地区の強豪を迎え撃つ

松浦悠士がV候補。

今年は2月別府の全日本選抜G1初優出
3月大垣のウィナーズカップでは連続Vを果たした。
先行から追い込みまで何でもできるオールラウンダーとして、完成の域に達している。
今シリーズは変幻自在の立ち回りで混戦を断ち切る。
岩津裕介は今年に入って落車、失格が続いて流れが悪かったが、ようやく上向いてきた。連係実績豊富な松浦をアシストして、きっちり決めるだろう。

地元勢の最強の布陣

地元勢は武田豊樹を主軸に総力を結集。
7年ぶり4度目の地元記念制覇もあるか。
吉澤純平は2月全日本選抜で決勝3着と好走。タイトル奪取も視界に入ってきた。ここは師匠の武田の前で全力を出し切る。調子を上げていた吉田拓矢は5月松戸ダービーで落車が唯一の気がかりである。
村上博幸は今年に入って記念2V。戦歴は安定している。
スピード競輪に対応すべく、タテ脚を磨いた成果がしっかり出ている。最近は番手戦も増えてきたが、機動力に陰りはない。
南関勢は和田健太郎小原太樹の2人が競走得点110点を超えが猛威を振るいそうである。和田は自力勝負を交えた走りで奮闘している。
小原は鋭い決め脚を武器に安定した戦いぶりで好評である。

水戸黄門賞 過去優勝者データ

過去 予想情報 レース名 優勝者

  • 2018年 山崎 賢人
    山崎 賢人
    生年月日1992年12月17日
    身長175cm
    体重77kg
    登録地長崎県
    期別111期
  • 2017年  吉澤 純平

    吉澤 純平
    生年月日1985年03月16日
    身長169cm
    体重74kg
    登録地茨城県
    期別101期
  • 2015年  渡邉 一成

    渡邉 一成
    生年月日1983年08月12日
    身長176cm
    体重80kg
    登録地福島県
    期別111期
  • 2014年 伊藤 保文

    伊藤 保文 (引退)
    生年月日1972年03月30日
    身長176cm
    体重80kg
    登録地京都府
    期別71期
  • 2013年 長塚 智広
    長塚 智広
    生年月日1978年11月28日
    身長181cm
    体重92kg
    登録地京都府
    期別81期
  • 2012年  武田 豊樹
    武田 豊樹
    生年月日1974年01月29日
    身長177cm
    体重90kg
    登録地京都府
    期別88期

取手競輪場:詳細情報

取手競輪場は、かつては取手競馬場として競馬の開催を行っていたが、昭和20年代の競輪ブームで競馬の開催が不調になったため、競輪場に変更したものである。
特別競輪は、共同通信社杯競輪、東王座戦、共同通信社杯競輪秋本番、
2017年に初めてのGI競走となる全日本選抜競輪をそれぞれ開催した。
記念競輪 (GIII) の名称は『取手銀輪王座争奪戦』であったが、2006年より『水戸黄門賞』の名称で開催されている。
これにちなんで、開催2日目のシード優秀競走は「助さん格さん賞」の名称で行われる。

取手競輪場決まり手

1着決まり手:【逃げ25%】・【擦り35%】・【差し40%】
2着決まり手:【逃げ13%】・【擦り16%】・【差し30%】・【マーク41%】

入場料 一般入場料無料
第1特別観覧席(第3コーナー側)
3階指定席(57席) 1,500円(場外時500円)
2階指定席(96席) 1,000円(場外時300円)
メインスタンド特別観覧席
3階指定席(448席、うち車イス席4席) 500円(場外時無料)

取手競輪場のイベント・マスコット

取手競輪場のマスコットキャラクターは、2007年より新キャラクター「砦の森のバンク」が登場しており、メインキャラクターはウサギの「バンク」。
カント・ボス・タンク・チューブ・やまおろし・バンク・チェーン・ジャン・ケンがいる。

取手競輪場のバンク・コース特徴

見なし直線距離 54.8m
センター部路面傾斜 31°30′25″
直線部路面傾斜 2°51′44″
ホーム幅員 10.0m
バック幅員 10.0m
センター幅員 7.5m

取手競輪場は、全国で唯一の一周400mのバンク。
直線が短い訳でもなく、カント(走路の傾斜)が然程きつい訳でもないのでクセがない。そのためどの戦法でも戦いやすく、力勝負のレースが多い
競りは現3 – 4(旧1 – 2)コーナーでは意外とアウト側を走る選手のほうが有利だが、バックストレッチまで縺れれば断然イン側の選手が有利となる。現バック(旧ホーム)側直線には地元選手が知る「秘密の伸びるコース」があり、後方からの強襲を決めると波乱が起きやすかった。
利根川の畔にあるためか、冬場は風が寒さでも強さでも「辛い」と言われており、特に現バック(旧ホーム)では向かい風でバンクが重く感じる選手も多い。
しかし、他の季節では風の影響は少なく、その点では走りやすい。ただし改修により現バック(旧ホーム)側スタンドなどの施設が撤去されているため、その影響を考慮して予想する必要がある。