注目キーワード

【圧倒的な勝利】トゥーラGP2019で日本人選手が魅せた!

トゥーラGP2019開催

ロシアトゥーラで行われている『トゥーラGP2019』の男子ケイリンには、日本から6人の選手が出場。
1周333mの屋外バンクを5周回で競われた。

勝ち上がり方

レースの勝ち上がりは、
ストレートだと1回戦→2回戦→準決勝→決勝の4回戦
しかし1〜2回戦は敗者復活戦回りとなると、
1回戦→敗者復活戦→2回戦→敗者復活戦あり→準決勝→決勝の6回戦となる。

レース結果-男子ケイリン –

日本からは新田祐大脇本雄太河端朋之深谷知広雨谷一樹、今回が初国際大会出場の松井宏佑
対する海外勢は、今期も短期登録制度で日本のケイリンを走るデニス・ドミトリエフ(ロシア)、2016ケイリン世界チャンピオンのヨアヒム・アイラース(ドイツ)、ワールドカップでは強豪のレンデル(リトアニア)などが出場した。

1回戦〜2回戦(敗者復活戦)

新田深谷松井の3人はストレートで準決勝まで勝ちあがり、脇本は2度の敗者復活戦を勝ち上がり、河端は2回戦の敗者復活戦を勝ち上がっての準決勝へと臨んだ。
雨谷は2回戦の敗者復活戦で河端ドミトリエフアイラースらと対戦するが、6着。敗退が決まった。

準決勝

新田、河端、そしてドミトリエフが1組。脇本、深谷、松井が2組。決勝へ進めるのは各組上位3人のみ。
まずは1組、ここは残り1周付近で新田が大外から加速していき、それに河端も続いて2人でワンツーフィニッシュ
決勝へと駒を進めた。ドミトリエフは勝ち上がりの3着に入ることが出来ず、7-12位決定戦へ。2組のレースでは深谷が勝ち上がりを逃してしまう。
残り1周を切った時点で脇本が先頭に出ると3番手に松井。そして深谷は最後尾で追走する。最終2コーナーを回り、加速していく深谷だが、最後は届かず4着で7-12位決定戦回りとなった。脇本はこのレースを1着、松井は3着として決勝進出を決めた。

決勝

男子ケイリンの決勝進出を果たしたのは河端新田脇本松井ドルンバッハ(ドイツ)、そしてポノマリョフ(カザフスタン)の6人。出走する6人のうち4人が日本人選手となった。

1周目を過ぎると脇本から始まって前の3人が隊列から離れ、再び1列となった時の並びは松井-河端-ドルンバッハ-新田-脇本-ポノマリョフの順に。
残り1周半となるところで、3番手のドルンバッハと5番手の脇本が同タイミングで加速を開始。
先頭に出たドルンバッハをかわして残り1周では先頭に踊り出たのは脇本。脇本をポノマリョフとドルンバッハが追うが、脇本が後続を突き放して1着でフィニッシュ。
1列棒状になった後続の順番は変わらずポノマリョフが2着、3着はドルンバッハ。4着には最後に追い上げを見せた河端、5着に松井、6着には新田という結果となった。
この結果、男子ケイリンの表彰台に上がったのは、優勝した脇本雄太、2位にポノマリョフ(カザフスタン)、3位にドルンバッハ(ドイツ)。
優勝した脇本は1回戦から計6本を走りながらも優勝するという鉄人ぶりを見せた。
競輪速報ナショナル組

レース結果-女子ケイリン-

日本からは昨シーズンのワールドカップ・世界選手権で活躍した小林優香太田りゆが出場。対戦相手には2010年の世界チャンピオンのクルペツカイテ、強豪のグニデンコ(ロシア)、グラボッシュ(ドイツ)らが出場した。

1回戦

1回戦は小林が2着、太田が1着と難なく勝ち上がり、準決勝へ駒を進めた。

準決勝

準決勝では上位3人までが決勝進出の権利を手に入れる。
準決勝では同組となった小林太田、そして強豪グニデンコ
レースは最終周回まで大きな動きを見せず小林が先頭、グニデンコが5番手、太田が6番手の最後尾でラスト1周へ。最終周回に入ると太田が一気に加速し、先頭へ。それに続いて上昇したのはグニデンコ。太田とグニデンコば後続を引き離してフィニッシュ。決勝進出を決めた。

決勝

決勝は太田グニデンコ(ロシア)、フリードリッヒ(ドイツ)、ゴンチャロワ(ロシア)などの6人。

残り1周までは最後尾で仕掛け時を待つ太田だったが、最終周回に入り外から先頭を目指して加速する。
先頭はフリードリッヒ、続いてグニデンコ、そして並走して太田という並びで残り半周へ。しかし太田はここから前に出ることが出来ず、少しずつ後退していく。最終ストレートではフリードリッヒが前を譲らず逃げ切りフィニッシュ。2着にはグニデンコ、3着に太田という結果となった。
7-12位決定戦に回った小林は1着でフィニッシュ。最終成績を7位として初戦のケイリンを終えた。
競輪速報競輪予想結果n基本情報
女子ケイリンの最終結果は優勝フリードリッヒ(ドイツ)、2位にグニデンコ(ロシア)、3位に太田