注目キーワード

小松島競輪開設70周年記念阿波踊りおどりG32020/7/2~5:展望情報,出場選手,バンク特徴

小松島競輪開設70周年記念阿波踊りおどり:概要

競輪場の開設を記念して各競輪場で毎年度1回行われるG3競走であり、年(1〜12月)に約40節開催されている。
各競輪場ごとに呼び名があり、それぞれの地元で定着しているものが多く、小松島競輪場で開催される小松島競輪開設70周年記念阿波踊りおどりである。

小松島競輪場で開設71周年記念「小松島競輪開設70周年記念阿波踊りおどり」が開幕。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開催中止が相次いで久しぶりのグレードレースの開催である。
前検日参加選手が3密を避けながらの開催となる。

  • 開催期間:2020/07/02(木)~05(日)
  • 出場資格:S級選手のうち108名が斡旋される。ホームバンクとする選手が多く斡旋される傾向にある。

阿波踊りおどり過去優勝者

  • 2019年 予想情報 阿波おどり杯争覇戦 太田 竜馬選手
  • 2018年 予想情報 阿波おどり杯争覇戦 牛山 貴広選手
  • 2017年 予想情報 阿波おどり杯争覇戦 村上 義弘選手
  • 2016年 予想情報 阿波おどり杯争覇戦 平原 康多選手
  • 2015年 予想情報 阿波おどり杯争覇戦 平原 康多選手
  • 2014年 予想情報 阿波おどり杯争覇戦 志智 俊夫選手
  • 2013年 予想情報 阿波おどり杯争覇戦 平原 康多選手
  • 2012年 予想情報 阿波おどり杯争覇戦 佐藤 友和選手

小松島競輪開設70周年記念阿波踊りおどり:展望情報

小倉竜二に原田賢太郎、大田竜馬、小川真太郎と役者のそろった地元勢が強力布陣を敷く。

ヤンググランプリを制した太田は今年に入ってさらに進化している。
ウエイト練習を強化したことで、格段にパワーアップしている。
地元記念は2年連続で決勝に乗っている実力である。

今年は地元のエースとして、責任感のある走りで牙城を守る。
小倉は高いレベルで安定している。
小川は3度目の地元記念出場に気合が入っている。

松浦悠士は5月松戸の日本選手権は4月武雄記念での落車後遺症が残っていたような走りだったものの、続く宇都宮記念では復調を感じさせた。6月はあっせんが止まったが、この間に更に調整は進んだはず。相変わらず高いレベルで成績をまとめているものの、今年はまだVがないだけに、そろそろという気持ちは強いだろう。

山崎賢人も失格で調子を落としていたが徐々に立ち直ってきた。
最近は大きな着も目立っているが、積極的なレーススタイルに変わりはない南潤との連係が叶うようなら、展開の利を得られる可能性もある。

小松島競輪開設70周年記念阿波踊りおどり出場選手

SS 松浦悠士 選手 広島 98
SS 清水裕友 選手 山口 105
S1 岩津裕介 選手 岡山 87
S1 河端朋之 選手 岡山 95
S1 三宅伸 選手 岡山 64
S2 片岡迪之 選手 岡山 93
S2 高田大輔 選手 岡山 97
S2 藤原俊太郎 選手 岡山 111
S2 友定祐己 選手 岡山 82
S2 黒田淳 選手 岡山 97
S2 小川巧 選手 岡山 57
S2 西田雅志 選手 広島 82
S2 吉永和生 選手 広島 80
S2 大屋健司 選手 広島 87
S2 佐伯辰哉 選手 広島 109
S2 古城英之 選手 広島 78
S2 富弥昭 選手 山口 76
S2 久保田泰弘 選手 山口 111
S1 福島武士 選手 香川 96
S1 小川真太郎 選手 徳島 107
S1 島川将貴 選手 徳島 109
S1 小倉竜二 選手 徳島 77
S1 原田研太朗 選手 徳島 98
S1 太田竜馬 選手 徳島 109
S1 佐々木則幸 選手 高知 79
S1 濱田浩司 選手 愛媛 81
S2 宮本佳樹 選手 香川 78
S2 原誠宏 選手 香川 91
S2 久米康平 選手 徳島 100
S2 山形一気 選手 徳島 96
S2 小川丈太 選手 徳島 111
S2 吉岡篤志 選手 徳島 82
S2 青井賢治 選手 徳島 81
S2 坂田章 選手 高知 93
S2 山中貴雄 選手 高知 90
S2 掛水泰範 選手 高知 98
S2 栗田貴徳 選手 愛媛 93
S2 吉武信太朗 選手 愛媛 107
S2 吉田智哉 選手 愛媛 111
S2 大崎飛雄馬 選手 愛媛 88
SS 中川誠一郎 選手 熊本 85
S1 大坪功一 選手 福岡 81
S1 北津留翼 選手 福岡 90
S1 坂本亮馬 選手 福岡 90
S1 柳詰正宏 選手 福岡 97
S1 山田庸平 選手 佐賀 94
S1 山崎賢人 選手 長崎 111
S1 大塚健一郎 選手 大分 82
S2 山口貴嗣 選手 福岡 82
S2 阿部兼士 選手 福岡 93
S2 桑原亮 選手 福岡 91
S2 津村洸次郎 選手 福岡 101
S2 坂本晃輝 選手 佐賀 81
S2 山口貴弘 選手 佐賀 92
S2 佐藤幸治 選手 長崎 92
S2 萱島大介 選手 大分 99
S2 牧剛央 選手 大分 80
S2 大西貴晃 選手 大分 101
S2 佐方良行 選手 熊本 97
S2 上田尭弥 選手 熊本 113
S2 西川親幸 選手 熊本 57
S2 新納大輝 選手 鹿児島 103
S2 上吹越直樹 選手 鹿児島 86

小松島競輪場のアクセス・基礎情報

  • クルマでのアクセス
    徳島ICから国道11号を南へ直進(国道11号は徳島市内で国道55号に変わります)約20分、日開野町の交差点を左折し、県道33号を直進約8分、小松島市役所の前を直進し、「小松島競輪場」と書かれた黄色のアーチのすぐ近く
  • 電車でのアクセス
    JR牟岐線・南小松島駅から徒歩で約10分
  • 駐車場
    6ヶ所 約1000台

小松島競輪場の施設紹介

小松島競輪場は1950年(昭和25年)に開設された。
記念競輪GIII)として「阿波おどり杯争覇戦」が毎年7月に開催されている。
過去にはふるさとダービー共同通信社杯春一番(共にGII)が開催された。

小松島競輪場のイベント・マスコット

小松島競輪場のマスコットキャラクターは、阿波狸合戦の「金長たぬき」をモチーフとした「ポンスター」、それにちなんで「ポンスターカップ」および「金長たぬき杯争奪戦」が開催されている。
他にも現役時代「スッポン」の異名をとった笹田伸二を称え「笹田伸二杯争覇戦」が開催されている。

小松島競輪場のバンク・コース特徴

見なし直線距離 52.8m
センター部路面傾斜 31°28′37″
直線部路面傾斜 2°51′45″
ホーム幅員 10.5m
バック幅員 9.0m
センター幅員 7.5m

小松島競輪場400mを使用している。
直線の長さは標準的だが、かつて500mバンクだったものを改修した名残で、カントがやや緩いのが特徴。
なおバック側は建築物の裏が岸壁という全国の競輪場で最も海に近い立地となっているため、常に海風の影響に対する注意が必要となっている。

小松島競輪場決まり手

1着決まり手:【逃げ20%】・【擦り31%】・【差し49%】
2着決まり手:【逃げ15%】・【擦り19%】・【差し32%】・【マーク34%】