注目キーワード

【ファン投票】ドリームレース選出に「とにかくうれしい」投票7位!深谷知広選手

☆ふかや・ともひろ=1990年1月3日生まれ、愛知県出身。169・8センチ、79キロ。桜丘高卒業。
競輪のトップ選手で自転車競技の日本代表。
主な自転車競技歴=オーストラリアユースオリンピックフェスティバルのスプリント、チームスプリント優勝。
第62回国民体育大会スプリント優勝。
第15回アジアジュニア選手権大会スプリント、ケイリン、チームスプリント優勝。
今年2月アジア選手権大会1Kmタイムトライアル優勝。
主な競輪実績=史上最速S級特別昇級(デビューから56日)、史上最速GI初優勝(2011年6月高松宮記念杯)、寛仁親王牌(14年7月)のGI・2勝。
ルーキーチャンピオンレース(10年4月)、ヤンググランプリ(10年12月)、西王座戦(12年2月)、サマーナイトフェスティバル(14年8月)優勝。

深谷知広選手からのコメント

オールスター競輪のドリームレースに選考順位7位で出場が決まりました。
投票してくださったみなさま、ありがとうございます!
今まで何度もDRに選んでいただいていますが、今回の選出はとても驚きましたし、とにかくうれしい出来事でした。
昨年8月のいわき平オールスターの後、ナショナルチームの活動に専念することになったので国内の競輪に出場する機会が激減し、日本の競輪ファンのみなさまを楽しませることができていない…という思いをずっと持っていました。
そんな中でDRに選んでいただけたのは現在行っている活動を評価してもらえている、そしてまだ私に期待を持ってくれているんだと感じています。
DRは年末のグランプリと並ぶ競輪選手が憧れる最高峰のレースだと思っています。GPは極端に言えば強ければ出られます。
しかし、ファン投票での選出のDRは強いだけでは出られません。
そこにファンのみなさまの期待と評価がないと出ることのできない特別なレースなのです。
そのDRに新田祐大さん(ファン投票3位)と、ガールズドリームの小林優香(ファン投票2位)と合わせて現在、ドリームシーカーで東京五輪を目指して活動している3人が選ばれたことはとてもうれしいです!
また、6月から競輪のルールが変更され、GⅠ高松宮記念杯(岸和田競輪場)を走りました。
今までと変わりはなく「少し誘導が速いかな?」と感じる程度でしたが、大きな問題は誘導の選手が対応し切れていないところです。宮記念杯でもレースによって大幅にタイムが違い、その後のレース展開にもよりますが最大10秒ほどのタイム差が発生しており「この誘導選手は速い、こっちの選手はムラがある」などの情報交換をしながら対応している状況…。なのでレースの公平性を保つためにも、誘導選手にスピードメーターを設置してもらい、速度を確認しながら誘導するなどの対応策が必要だと思いました。
とにかくオールスターまでにみなさまに力強い走りを見せられるよう、トレーニングを一生懸命頑張ります!
と、話した。