注目キーワード

【過去最高を更新】競輪グランプリの売上、過去10年間のデータも

気になる競輪グランプリの売上を調べてみた。

競輪グランプリ おさらい

このレースは通常のトーナメント方式ではなく、一定の条件により選ばれた9人のS級選手による1レースのみの一発勝負である。
現在は優勝賞金が1億円超であること、2001年に競輪のグレード制が導入されてからはGIよりも格の高いグレードとして『GP』が用意されるなど、競輪における最上位のレースと位置付けられており、その年の競輪界の「真の実力日本一決定戦」とも認識されることもある。
競輪界においては、GPがその年の開催場のシリーズ最終日の最終レースに行なわれるため、「グランプリファイナル」とも言われている。
現在は、毎年12月28日から12月30日までの3日間が「グランプリシリーズ」と題して寺内大吉記念杯競輪がアンダーカードとして行われており、各日最終11レースが「グランプリ」レースとなっている(初日である12月28日がオッズパーク杯ガールズグランプリ、2日目である12月29日がヤンググランプリ、最終日である12月30日がKEIRINグランプリ)。

競輪グランプリの過去10年間の売上

入場者数 売上(万円)
2008年 20154人 57億1300
2009年 19819人 52億9775
2010年 15909人 49億0674
2011年 18496人 51億4546
2012年 15642人 50億7515
2013年 16682人 55億0942
2014年 11911人 54億6018
2015年 17764人 52億4240
2016年 15370人 48億6384
2017年 16724人 50億6186
2018年 22110人 52億0674

これが、競輪グランプリの過去10年間の入場者数と売上である。
2016年には、入場者数が1/4も減って売上は1/5減っている。
そこから、2018年に直近10年の過去最高の入場者数となっている。
しかし、売上は過去最高とは行かなかった。
ネット投票など簡単に投票できる中で、入場者数の上昇していることは喜ばしいことではあるが、売上が伸びていないのが気になる点である。

いくらぐらいまでならオッズ変わらない?

売上が48~57億円ある。
例えば、オッズ100倍に100万円賭けても1億ですから、100万円程度では変わらない。

現実的な数字として、オッズ100倍に4800万円以上突っ込むとオッズは変わる。
しかし、1点賭けに4800万円も普通突っ込みませんから、オッズはそう簡単には変わらない。
100万,200万円ならびくともしないといったところだろう。
100万円×100倍はめちゃくちゃ痺れそうである。

まとめ

今年納めの競輪。それが競輪グランプリだ。
売上は48~63億円。
毎年2,3千円で遊んでる。
中には、100万円、200万円なんて強者の方もいるだろう。
そういえば、坂上忍さんは、1年に1回1年間の稼ぎを全投入するって言っていた。
本当か嘘かは分かりませんが、さすが芸能人、夢がある。