注目キーワード

【G2/F2レース展望情報】「第15回サマーナイトフェスティバル/ガールズケイリンフェスティバル2019」別府競輪場

G2「第15回サマーナイトフェスティバル」
F2「ガールズケイリンフェスティバル2019」が別府競輪場で開幕する。

サマーナイトフェスティバル・展望

G2タイトル争いは激戦必至だ。
輪界トップに君臨する脇本雄太をはじめ、新田祐大深谷知広のナショナルチームメンバーは不参加となっている。
SS班から平原康多浅井康太三谷竜生村上義弘村上博幸、清水裕友が出場し、優勝戦線を引っ張る。
一方、この6人以上に目を見張る戦歴を残しているのが、中川誠一郎
2月に当地・全日本選抜で2回目のG1制覇を飾ると、6月の高松宮記念杯でもVをつかんだ。今の勢いなら「夜王」の座に最も近い。
松浦悠士も乗れている。
全日本選抜で初のG1決勝進出を果たし、5月の日本選手権で再び決勝まで駒を進めた。
賞金レースで初のグランプリ出場を狙える位置だけに、ここでさらなる上積みを図りたいところだ。
世代交代を迫る若手レーサーたちも大会を盛り上げる。
SS班の清水は、その代表格。
全日本選抜の落車で鎖骨骨折の重傷を負ったが、驚異の回復力を発揮し、復帰後も日本選手権・準Vなどの活躍を見せている。
ほかでは新山響平吉田拓矢渡辺雄太南潤太田竜馬山崎賢人らに注目したい。

ガールズケイリンフェスティバル・展望

昨年のガールズグランプリを制して女王の座に就いた児玉碧衣は、今年も圧倒的な強さを見せつけている。
ここまでの成績は39戦36勝、2着3回。
優勝は5月の松戸GC(ガールズケイリンコレクション)など11回を数える。
児玉が自力勝負で敗れたレースは、姉弟子の小林優香が優勝した3月の大垣GCのみ。最大の目標でもある小林が不参加だけに、独壇場となるかもしれない。
小林優香の他に今年、児玉を破っているのは小林莉子鈴木美教。いずれも初手から児玉をぴったりマークしていた。
打倒児玉を果たすには、その後位キープがベスト。ポジショニング巧みな石井寛子石井貴子(千葉)が逆転候補とみる。
自力で児玉に挑むのは奥井迪、高木真備、梅川風子、山原さくら、佐藤水菜ら先行できるタイプ。
特に、力をつけている梅川佐藤の走りは必見である。

豪華ゲスト多数出演

競輪・競輪稼ぎ隊・競輪検証・競輪グランプリ・KEIRINグランプリ・検証・画像TOPウルトラマン競輪
一際、大きく取り上げられているのが、『バーレスクTOKYOのダンスショー』である。