【危険走行】114期のヒロイン野本玲奈選手が3台を含む落車!

2019年07月11日、豊橋競輪場のガールズ戦で落車事故が起こった。
それも他車3台を含む計4台を巻き込んだ大規模な事故だ。
そこで今回はまだまだ知られていない女子競輪の選手に触れてみようと思う。

野本 玲奈(ノモト レナ)ってどんな人?

野本玲奈 競輪 ガールズ ルーキー 落車 かわいい 可愛い
☆野本 怜奈(ノモト レナ)=1998年05月27日生まれ、埼玉出身。166・2センチ、64・4キロ。
主な経歴、、、
高校時代は陸上競技をやっていたようだ。
どうやら幼いころから「かけっこ」や「鬼ごっこ」が好きでおてんばな女子だったみたいだ。
高校2年生の時には棒高跳びの選手として全国大会にも出場している。
そんな彼女が競輪に出会ったのは18歳の時、行きつけの接骨院であるラジオ放送を聞いたとき。
「ガールズケイリン」が開催している「サマーキャンプ」に興味を示しそのまま申込み、最終日には競輪学校の入学願書を提出したそうだ。
「女子も競輪選手になれるということが衝撃で…。すぐに競輪の世界を体験できる『サマーキャンプ』に申し込みました」
競輪学校では以前から陸上をやっていたこともあり高い評価を受けた。
卒業試験では女性受験者21人中第2位という好成績を奪取。
2018年07月02日、彼女は大宮競輪場でデビューを飾った。
結果は2着、4着、4着と善戦したがやはりプロの世界は厳しかったようだ。
初勝利は同月23日の富山競輪場最終日だ。
続く京王閣競輪場で2018年08月03日に2着2着1着と初優勝を飾る。

■直近4ヶ月成績

1着 2着 3着 着外 棄権 失格 総出走回数 勝率 2連対率 3連対率 ホーム回数 バック回数 競走得点
4回 5回 6回 7回 0回 1回 23回 17.3% 39.1% 65.2% 11回 5回 52.68

競輪の公式サイト「KEIRIN.JP」で成績を見てみると着に絡んでる確率がかなり高い。
デビューから1年の新人にしては競争得点も非常に高い。

7月13日・豊橋競輪場で計4台を含む落車事故が起こった!

野本落車
そんな順調に見えた野本 怜奈(ノモト レナ)選手が落車事故を起こした。
それも他選手3台を含んだ大事故だ。

2019年07月11日、豊橋競輪場の「メガワールド杯争奪戦」で野本 怜奈ノモト レナ)選手は堂々の1番人気だった。
天候はそこまで悪くはなかったが、レース直前まで雨が降っており路面は濡れていた。
最終バックを過ぎたころ野本 怜奈(ノモト レナ)選手は仕掛けた。
前を走っていた加藤 恵(カトウ メグミ)選手の後輪に引っ掛かり、2番車鈴木選手、3番車明珍選手、7番車戸田選手を巻きこむ落車を起こした。
好調だっただけにその後が心配だ。
次走は2019年07月25日となっている。
自分だけじゃなく他選手も巻き込んだだけにメンタル面にも不安が残る。
力だけじゃなく見た目からも人気を博している野本 怜奈(ノモト レナ)選手は、これからの競輪界を引っ張る人物だ。
次回の走りにも大いに注目したい。