注目キーワード

宇都宮競輪71周年記念G3ワンダーランドカップ争奪戦:展望情報,注目選手,バンク情報

宇都宮競輪場開設71周年記念G3ワンダーランドカップ:概要

競輪場の開設を記念して各競輪場で毎年度1回行われるG3競走であり、年(1〜12月)に約40節開催されている。
各競輪場ごとに呼び名があり、それぞれの地元で定着しているものが多く、宇都宮競輪場で開催される開設記念競輪がワンダーランドカップである。

宇都宮競輪場で開設71周年記念「宇都宮ワンダーランドカップ争奪戦」が開幕。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開催中止が相次ぐなか、4月武雄記念以来となる1カ月ぶりのグレードレース
前検日の20日は参加選手が3密を避けながら、自転車、身体検査を無事に終了。

今回も無観客での開催となるが、平原康多松浦悠士浅井康太ら好メンバーがそろっている。

  • 開催期間:2020年 5/21(木)~24(日)
  • 出場資格:S級選手のうち108名が斡旋される。ホームバンクとする選手が多く斡旋される傾向にある。

宇都宮競輪場開設71周年記念G3ワンダーランドカップ:展望情報

ここ5年以上、優勝者を輩出していない地元の関東地区だが、S班の平原が地元勢らと結束。

他地区を迎え撃ち、優勝カップをつかみ取ルカ注目。
平原は3年連続で当所記念に参戦
昨年は進化のためのプロセスとはいえ、試行錯誤を重ねてなかなか結果に結びつかなかったが、年末には7年連続のグランプリに間に合わせた。
今年に入り手応えをつかんできた平原は、3月松山記念までの記念4場所と全日本選抜ですべて優出。
記念を2度制覇し、あとの3場所は準Vと、様々なシチュエーションに対応しながらハイレベルな走りを続けている。

神山拓弥、長島大介、神山雄一郎に初の地元記念に気合が入る坂井洋らの栃木勢に吉澤純平と戦力は充実している
ラインの先頭はもちろん、先行策もいとわない平原が、関東勢を一人でも多く決勝に導いてシリーズを最後まで有利に進めるか注目だ!

和歌山、高松と年明けの記念を連続Vと、初めてのS班としてこれ以上ないスタートを切った松浦
順当にファイナルまでコマを進めた全日本選抜では、積極策で清水裕友のGI初優勝に貢献したが自身は落車に見舞われた。
怪我の影響が心配されたものの、復帰場所の松山記念の成績をまとめた。決勝は清水を目標に番手まくりできっちり勝ち切り、昨年の競輪祭に次いで2度目のビッグVを遂げた。“逃げてヨシ、まくってヨシ”と戦法に幅を広げながら、力をつけてきた松浦は、さばきも一流だけに同地区の選手にとっては頼りになる存在だ。

ウィナーズカップでも3勝をマークし、四国屈指の追い込みの一人、渡部哲男や一撃秘める小川真太郎と呼吸を合わせて関東勢を脅かす。

12年から守り続けたS班の座を手放した浅井だが、今年は勝ち星を量産している。
2月の静岡記念では1年以上ぶりとなる優勝を4連勝の完全Vで飾った。近況の走りを見るかぎり、一時期の低迷からは脱し持ち前のスピードが戻ってきている印象だ。大舞台で何度も連係をしている金子貴志や、志智俊夫のベテラン勢とのタッグで中部勢を盛り立てる。

中川は昨年2度のGI優勝と実績は申し分ないが、機動パワーに関しては、互角以上のものを持ち合わせている。
ただ、さばきなどを含めて、展開に応じた柔軟な立ち回りが苦手な面が、成績にあらわれている。

G3ワンダーランドカップ注目3選手

  • 渡部哲男選手

惜しくも10番手で特選スタートを逃してしまった。
「みんな一緒だけど、感覚はわからない。でも僕は(4月玉野を)一本走れてマシなほうですね。ここまではウエイトとか、けっこうやってきた。本来は2週間とか配分が空かないとやらないんだけど、今回はけっこう追い込んでやった。いいか悪いか試してみようと思って。自転車やセッティングは一緒。乗った感じは悪くなかったです」

  • 坂井洋選手

記念初参戦が地元戦となる坂井洋だが、直前の玉野でも上がり11秒1のまくりで優勝しているのなら期待できそうだ。
「前回の優勝はS級で3回目。初日、2日目はバンクが重かったけど、体のコンディションは問題なく走れた。(4月)平塚が中止になったから記念自体が初めてなので、まずは雰囲気に慣れたい。全力を出し切ることも将来につながると思うし、地元でモチベーションは高いです。体の状態も万全なので、タイミングを逃さず仕掛けるべきところで仕掛けたい」

  • 平原康多選手

平原康多は3月ウィナーズカップ以来となる実戦。
ウィナーズカップでは初日に落車しているだけに、状態も気になるところだ。
「痛みはやっぱりありましたけどね。左の中指がちょっと傷んだが、力は入るようになってきたので大丈夫です。どうしなければいけないかとかにはブレはないので、やることはやってきてるんだけど、開催中止が続いて気持ちが入りきらないところがあった。そんななかで最低限のことはできてるので、しっかりと成果をだしていければ」

宇都宮競輪場のアクセス・基礎情報

  • 電車でのアクセス
    JR宇都宮駅西口より徒歩20分
  • クルマでのアクセス
    大谷ICより15分・無料駐車場2000台完備
  • バスでアクセス

宇都宮競輪場のイベント・マスコット

頻繁にフェンサービスが企画されており、カレンダーやトートバックといった景品を無料でプレゼントしている。
また、後世のため、競輪をより楽しんでもらうために、普段は選手しか立ち居いることのできないバックヤードへいけるツアーなども企画している。
宇都宮競輪場のマスコットは『みやかめファミリー
縁起が良く、イソップ童話「うさぎとかめ」の亀のようにたゆまぬ努力により勝利を導く事を期待して亀がモチーフになっている。

宇都宮競輪場のバンク・コース特徴

見なし直線距離 63.3m
センター部路面傾斜 25°47′44″
直線部路面傾斜 2°17′27″
ホーム幅員 10.3m
バック幅員 11.3m
センター幅員 8.3m

宇都宮競輪場のバンクは、1周500メートル。
直線部がやや長くカーブのきつい扁平なバンク(角度は25度)。
先行選手に不利なだけでなく、追走する番手の選手すら後方から抜かれる「交わしの交わし」を食らうほど、後方からの追い込みが決まりやすい。
ただし、改築工事に伴いホーム側とバック側が入れ替わった際に、ゴール前のみなし直線が若干短くなり(67.9m→63.2m)いくらか先行選手が仕掛けやすくなった。

宇都宮競輪場決まり手

1着決まり手:【逃げ22%】・【擦り31%】・【差し47%】
2着決まり手:【逃げ13%】・【擦り13%】・【差し37%】・【マーク37%】

宇都宮競輪場では選手達と交流する機会が数多く設けられている。
バンクに直接降りる事が出来たりとより多くの情報を収集することができる。
特徴的はバンクに加えて、風の影響も考慮してレースを予想する必要があると言える。