注目キーワード

3年ぶり7回目の優勝!!平原康多選手/東日本発祥71周年倉茂記念杯 大宮G3S級決勝

G3大宮競輪「倉茂記念杯」:概要

  • 日程:2020年1月16日〜19日
  • 開催地:大宮競艇場

倉茂記念杯とは

 東日本競輪発祥71周年競輪の生みの親「倉茂氏」をたたえた記念開催

東日本競輪発祥の地である大宮競輪では、「競輪の生みの親」である倉茂氏の功績を末永くたたえ今後の競輪界の発展を図るため、平成14年1月の53周年記念競輪から「倉茂記念杯」と銘打って開催している

倉茂貞助氏の功績

昭和22年9月、倉茂貞助氏は、海老澤清文氏とともに設立した「国際スポーツ株式会社」において”報償制度併用による自転車競走”という企画を立てた。
この企画を実現するためには法制化が必要であることがわかり、昭和22年10月に「自転車競技法期成連盟」を結成。
自転車振興会連合会(現:(公財)JKA)の設立」に力を注ぎ、自ら常務理事として、小倉、住之江、大宮に始まる全国各地での競輪場の開設、選手の養成や運営体制の整備に尽力した人である。

東日本発祥71周年倉茂記念杯
大宮G3/S級決勝

S級決勝レース開始である。

1/平原康多選手(SS・埼玉87期)
2/小川真太郎選手(S1・徳島107期)
3/守澤太志選手(S1・秋田96期)
4/岩本俊介選手(S1・千葉94期)
5/岩津裕介選手(S1・岡山87期)
6/佐藤友和選手(S1・岩手88期)
7/木暮安由選手(S1・群馬92期)
8/岡村 潤選手(S1・静岡86期)
9/村上義弘選手(S1・京都73期)

スタートで前に出たのは3車の守澤太志選手であった。
6車の佐藤友和選手を迎え入れて北日本ラインが前受け。

63・48・17・25・9で隊列が固まる。

まず2車の小川真太郎選手が上昇を開始し、打鐘で前団を押さえて先頭に立つ形となった。

1車の平原康多選手も動いて、打鐘後の4コーナーで2車の小川真太郎選手をかわすと、4車の岩本俊介選手も仕掛けのタイミングを伺う。

最終HS、4車の岩本俊介選手が1車の平原康多選手を叩いて先行態勢に入る。

1車の平原康多選手は3番手と好位置を奪取。

4車の岩本俊介選手が快調に飛ばし、48・17・25・9・63の一本棒で最終BSを通過していく。

打鐘でインを切って、逃げた岩本俊介選手(千葉)-岡村潤選手(静岡)の3番手を確保した。

最後は岡村とのゴール前勝負を制して、今年初Vを地元で飾った
G3優勝は2019年8月の西武園以来で通算21回目となった。
2着は岡村、3着には岩津裕介(岡山)が入った。
大宮記念は3年ぶり7回目の優勝である。

G1優勝/平原康多(SS・埼玉87期)

優勝者平原康多選手のインタビュー

勝つことは簡単ではないので、記念を優勝できたことが本当に嬉しいです。
昨日まで、黒沢(征治)が頑張ってくれて、決勝まで連れていってくれたので、その思いもありました。
岩本のカカリが凄くて、強かったです。
2コーナーでは絶対にいけないくらいに岡村さんの牽制もあったし、タイミングを見極めるのが大変でしたね。
初日は失敗したレースでしたし、かなり気合いが入った形で決勝に活きたと思います。
最後まで自分らしく走ることはできました。
グランプリからこの大宮記念まで気が抜けずに、ズーッと、練習の状態。
やっと空くので、まずは気持ちをリセットしたいですね(笑)。
強い若手も一杯でてきたので、今後は楽しみ。
次のG1全日本選抜競輪も精一杯、頑張ります!
と語っていた。

平原康多選手次走は今年最初のG1・全日本選抜(2月8~11日、豊橋)。

「昨年末のグランプリから気の抜けない戦いが続いたので、一度リセットしたい。G1を優勝するために練習をしているし、照準を合わせて頑張りたい」。

競輪プレス

この優勝で勢いに乗り、8回目のG1優勝に全力を尽してくれる事に期待したい!!

約1ヶ月間のオフになる平原選手であるが、オフでは意外な一面ばかりであることがわかった。

平原康多選手の意外なプライベート

  • 実はゲーマー

練習後に、練習仲間とそのままスマホゲームで遊んだりします。最近は「荒野行動」、「PUBG」などのバトロワ系にハマっている!

慎平さん(加藤慎平さん)やワッキー(脇本雄太選手)とかと、オンラインで「モンスターハンター・ワールド」をよくやっていたようである。
夢中になって、朝4時くらいまでやってしまって…
練習が疎かになるので、僕は一線を引いてやめたようである。

今はスマホゲームだけにしているようである。

Name
コそれでもゲーム好きというのは意外であった。
さらに、加藤慎平さんや脇本雄太選手と一緒にやっているというのも意外な話である。
  • お酒で記憶をなくすタイプ

外食も多くて、昔番組でやっていた、きたなシュラン的な「きったねえけど味は絶品!」みたいな居酒屋が大好きな平原選手。
酒はあまり好きじゃないようだが、飲む場所の雰囲気は好きなので、選手仲間に誘われて行くこともよくあるという。
楽しくなってアホみたいに飲んでしまって、記憶をなくすタイプと意外な一面である。

  • ハマるとコレクターになる

好きなものができると、つい収集してしまう(笑)
いまは、ロードレーサーと時計。
ロードレーサーは、8台所持、
時計は15本くらいあるんじゃないかな。高いモノで200万円くらい。

でも最近は、「G-SHOCK」が1番好きで、コラボとかの限定品を集めて、眺めて、喜んでいるとの事

大型バイクも好きで、まだハーレーを1台しか持っていないので、これから2〜3台増やす予定と語っている。

一瞬の喜びのために100%の努力を重ねる

  • 醍醐味は「勝ったときの喜び

父は競輪選手で、僕も競輪選手を目指すようになった。
中学校までは、いろんなスポーツをやってみたが、なかなかしっくりくるものがなかった平原選手。
身近だった“自転車”を高校から始めてみたら、「これだ!」と思えて、競輪選手になることを決意したそうである。

レースで勝ったときの喜びって、一瞬なんですけど本当に大きいんです。
その喜びを得るために、100%の努力を惜しまないようにしています。

もちろん、稼ぎたい気持ちもあるようだが、やっぱりアスリートである以上、頂点を目指して、その「一瞬の喜び」を実感できることが、この職業の醍醐味だと思っているようである。

  • 時代に合わせて柔軟に対応

目標は、デビューした頃から変わらず「GⅠレースで優勝すること」。
「オールラウンダー」なんて言ってもらっているが、自分ではそんな風にまったく思っていない。

競輪プレス

年齢を重ねても戦法が変わっても、時代に取り残されないように、試行錯誤しながら柔軟に対応してやっていきたいなと思ってると、語っていた。

今回、自身21度目の優勝を飾った平原康多選手であるが、プライベートを覗くとかなり好奇心旺盛で、真っ直ぐな人だということがわかる。
オンとオフをしっかりと切り替えられているのがわかる。

次走の今年最初のG1・全日本選抜2月8~11日の走りにも期待したい!!