注目キーワード

高知競輪G3開設70周年記念よさこい賞争覇戦優勝戦

高知競輪G3開設70周年記念よさこい賞争覇戦:概要

  • 開催日程:2020年4月2日〜5日
  • 開催場:高知競輪場
  • よさこい賞争覇戦
    高知競輪場は1950年に開設され、1999年10月には場内を全面改装し面目を一新、記念競輪 (GIII) は『よさこい賞争覇戦』として毎年4月に行われ、2日目の優秀競走としてマスコットキャラクターであるクーリンにちなんで、クーリンカップが行なわれている。また高知を中心に活躍し現役時代から福祉活動に尽力し続けている山崎勲、高松宮記念杯競輪を制した松村憲、およびオールスター競輪を制した松村信定(松村憲の実息)を称え、それぞれ『山崎勲杯争覇戦』『松村憲・松村信定土佐の親子鷹杯争覇戦』が開催されている。レース終了後にはあかり姫によるレース1着選手へのインタビューが行われる。インタビュー後には、1着選手によるメインスタンドへの粗品(ハンドタオル)投げ入れ、電動カートによるバンク内ウイニングランが行われる

高知競輪G3開設70周年記念よさこい賞争覇戦:展望情報

今大会唯一のSSにしてグランプリ王者の佐藤慎太郎選手が出場する。
3月8日に行われたG3瀬戸の王子杯争奪戦では3位になっている。
グランプリから優勝はないものの決して調子を落としているようにはみえず、SSとして実力を発揮している。

佐藤慎太郎競輪かっこいい競輪グランプリ優勝1
生年月日 級班所属日
1976/11/07 2019/12/27
今期得点 次期級班
115.75 S級S班
脚質 性別

■身長・体重・体力等

星座 九星 血液型
蠍座 六白 AB
身長 体重 胸囲
165.0cm 80.0kg 110.0cm
太股 背筋力 肺活量
61.0cm 200.0kg 3000cc

2019年にはGI決勝2着を2回(全日本選抜とオールスター)などで賞金上位となって、13年ぶりにKEIRINグランプリへの出場が決定。
またこれにより、自身9年ぶり2度目となる2020年度のS班入りも果たした(9人制に変わってからは初)。
そして12月30日に立川競輪場で行われたKEIRINグランプリ2019において、マークした同県の新田祐大の番手から直線強襲し初優勝を飾った
43歳1ヶ月での優勝は山口幸二(2011年に43歳5ヶ月で優勝)に次ぐ歴代2位の高齢優勝記録となっている。

また、2018年グランプリ王者の三谷竜生選手も出場する。
2019年は落車などにより万全の状態でレース

最終日に行われるS級企画レースでは、北日本からはS1和田圭選手、四国からS1小倉竜二選手、九州からS1坂本健太郎選手、関東からS2 矢口啓一郎選手、南関東からS2望月裕一郎
中部からS2小林信晴選手、近畿からS2 藤井栄二選手が出場する。
S1和田圭選手は、今年1月10日のF1佐世保競輪で優勝しており、調子は良い状態での今大会へ参戦である。
競争得点110点代をキープしている。

高知G3最終日開設70周年記念よさこい賞争覇戦:優勝戦

【12R=S級決勝】

  • 1/佐藤慎太郎(SS・福島78期)
  • 2/渡邊雄太(S1・静岡105期)
  • 3/小川真太郎(S1・徳島107期)
  • 4/岡光良(S1・埼玉94期)
  • 5/浅井康太(SS・三重90期)
  • 6/山中貴雄(S1・高知90期)
  • 7/三谷竜生(S1・奈良101期)
  • 8/近藤龍徳(S1・愛知101期)
  • 9/吉澤純平(S1・茨城101期)

号砲と共に、浅井と近藤が飛び出した。

そのまま中部2車が前受けとなり、58・94・21・7・36の並びとなる。

赤板2コーナー過ぎから後方の小川がジワジワ上昇。
この動きに単騎の三谷も乗ったところで打鐘を迎える。

小川が浅井を押さえるが、すかさず渡邊も仕掛けていく。

最終HS、吉澤が一気に踏み込んでいく。
番手の岡が離れてしまい、吉澤の後ろには渡邊ー佐藤が収まる形に。

吉澤ー岡の隊列が崩れ、中団には地元・四国地区2車。
少し車間を切って、単騎の三谷、後ろに引いた中部2車の一本棒となる。

最終2コーナー過ぎ、8番手から浅井が捲りを放っていく。
浅井マークの近藤もシッカリ追走、最終BS過ぎで中団まで上がってくる。

中部2車は最終4コーナー手前で前団を飲み込み、最後の直線勝負。

浅井がそのまま押し切って、1着でゴールラインに駆け込んだ。
2着は浅井マークの近藤で、中部ワンツーを決める。
3着には最内へ切り込んでいった佐藤が入線した。

優勝/浅井康太選手(S1・三重90期)

生年月日 1984/06/22
級班所属日 2011/12/27
今期得点 114.78
次期級班S級1班
脚質 両

浅井康太選手の年収,賞金額

  • 2011年獲得賞金ランキング3位:122,597,000円
  • 2012年獲得賞金ランキング8位:63,532,600円
  • 2013年獲得賞金ランキング7位:77,542,000円
  • 2014年獲得賞金ランキング4位:85,224,100円
  • 2015年獲得賞金ランキング1位:189,633,600円
  • 2016年獲得賞金ランキング5位:92,379,000円
  • 2017年獲得賞金ランキング1位:182,787,400円
  • 2018年獲得賞金ランキング3位:140,773,000円
  • 2019年獲得賞金ランキング16位:45,703,400円
競輪プレス

浅井康太選手は、毎年12月30日に行われる頂上決戦レー『KEIRINグランプリ』を2015年・2017年と2度制覇していることがとにかく凄すぎる!!

競輪界の最強ランク『S級S班』には2012年から8年連続で選ばれていることもプロ意識の高さ、モチベーションの維持、自己管理など全て完璧にできなければ到底無理な所業であると言える。

8年間続いた、S級S班の赤パンも2020年は見ることができない。
浅井康太選手といえば、赤パンというイメージを持った人も少なくないはずである。

競輪プレス
2019年最後のレース終了後には、自身のTwitterでこのようにツイートしており、哀愁が漂いつつも、2020に奪還すべく闘士を燃やしているのが窺える!!

浅井康太選手のプライベート

金と力はためてから使え!

興味を持ったら即行動する浅井康太選手。
気になったことは何でもやっている。
ラジコンをやったり、絵を描いてみたり、最近は深谷(知広選手)の影響でカメラも始めている。

フットサル、テニス、バドミントン、(野球の)バッティングなどは、トレーニングがてら行っている。
違うスポーツをやってみると、自転車にはない発想ができるそうで興味を持ったら、即行動!何事もまずは経験してみる精神が行動力の源になっている。

スイーツとマクドナルド好き

スイーツが大好き!とくにショートケーキとか、生クリーム系が好き。
練習後にコンビニに寄って、甘い物を買って食べたりしている。
あと “マック”も好き!
食べるでしょ、あんな美味いもん!と純粋に美味しさが好きなようである。

もちろん普段は食事管理もしているので、オンオフと体調管理もしっかりできていることが窺える。

競輪プレス

稼げるようになってからは、車ならメルセデスベンツ、時計ならロレックスなど、そのジャンルのトップブランドを購入している。

 “一流のモノ”を身につけることも、“一流の人間”を目指すためには大切なことであると持論を持っている。

優勝後のインタビュー

今、日本中が大変な時期ではあるんですけれども。
自分たちは自分たちの仕事をやるだけ。
S級S班の時は勝たなければいけないというプレッシャーが凄くあった。
S級1班になってからは自分の走りができているし、挑戦者になれている。
『王者の前受け』というくらいですから、一番人気を背負っていたし、前にでました(笑)。
前に三谷君がいたんですけど、自分のタイミングでいければチャンスはあると。
踏み出した感触でいけるって、思いました。
あとは渡邊君が良い目標になったので、凄い伸びましたね。
地元の四日市、ダービーと、続くのでシッカリ結果を出していきたいです。
無観客開催が続いていて、自分たちも寂しいし、ファンの方も寂しいと思います。
新型コロナウイルスの影響がなくなったら、是非、応援にきて欲しいです。
自分も優勝して、ファンの方の声援が聞きたいですから。
競輪プレス
2019年末の落車で手術するほどの大怪我のりこえて今回の優勝は本人にとって大きな地震につながったと言えるだろう。