注目キーワード

姉妹でガールズ競輪選手の108期三宅玲奈選手のプライベート,趣味,戦歴などまとめ

三宅玲奈(みやけれいな)
1995年12月2日生まれ(22歳)
岡山県玉野市出身
第108期生
登録地岡山県
ホームバンク:玉野競輪場
期別:108期

目標:姉と大きなレースに一緒に出ること
モットー:日進月歩
好きな食べ物:ハヤシライス,オムライス,メロン
嫌いな食べ物:おもち
目標とする人物:小林優香,石井寛子
趣味:読書,散歩

三宅玲奈選手のおいたち

9人兄妹、11人家族という大家族の中で育った三宅選手家族みんなで楽しめる趣味だった“自転車”を、中学生になった頃から競技として本格的にスタートした。
姉の愛梨選手を追ってガールズケイリンの道に進み、現在は自身2度目の優勝、そしてビッグレース出場を目指して奮闘中である。
大のジャニヲタで、好きなタイプの“イケメン話”で盛り上がっているそうである。

三宅玲奈選手は姉の愛梨選手を追って競輪選手へ

大家族と仲良しの姉
兄妹の年齢も様々なので、家族で楽しめるスポーツだったのが“自転車”だった。
ほぼ全員が自転車をしていたという。
小学生の頃は趣味程度だったが、自転車の耐久レースに出たりして、中学生になってから本格的に自転車競技をはじめて、私が高校生になったのと同タイミングで、姉の愛梨が競輪学校に入った。

三宅玲奈選手も自転車をやっているということで、自転車が好きだから「ガールズケイリンの選手になるのも良いかな」って思って、選手を目指しはじめまたという。

兄妹はみんな仲良しで、いつも賑やかで楽しいという三宅玲奈選手。
よく一緒にいるのは、やっぱり姉の三宅愛梨選手。
競輪の話をするのは練習の時くらいで、ご飯を食べに行ったり買い物に行ったりと、友達みたいなお姉ちゃんだという。

三宅玲奈選手の縁故関係

  • 三宅 愛梨(姉104期)
    9人きょうだいの3番目。兄の影響を受け、当初は柔道を行っていたが、兄が自転車競技に取り組むようになると、同校2年生のときに柔道から自転車競技へと「転向」した。
    もっとも、同校には自転車競技部がなかったため、個人で練習を行うことになったが、2009年の全国高等学校選抜自転車競技大会・500メートルタイムトライアルで3位に入る快挙を残している。ガールズケイリンとして女子競輪が復活する話を受け、2011年12月16日、日本競輪学校第104回(女子第2回、技能)試験に合格している。2013年3月29日、競輪学校を卒業。在校競走成績は第4位(20勝)[5]。また同校卒業記念レースでは2位に入った。
    同年5月11日、松戸競輪場でデビューし3着。初勝利は同年7月7日の松戸で挙げている選手である。

三宅玲奈選手の練習仲間

  • 三宅愛梨選手 (岡山・104期)
  • 大前寛則選手(岡山・57期)
  • 猪頭香緒里選手(岡山・104期)

三宅玲奈選手の師匠

  • 大前寛則選手 (岡山・57期)
    A級1班

大前寛則選手の弟子一覧
猪頭香緒里選手(岡山・104期)
三宅愛梨選手(岡山・104期)
三宅玲奈選手(岡山・108期)

三宅玲奈選手の戦歴

■初勝利・初優勝

初勝利 初優勝
年月日 競輪場 成績 年月日 競輪場 成績
A級 2015/09/06 佐世保 6.5.1
L級 2017/10/15 福 井 4.4.1 2018/12/16 防 府 3.2.1
特別競輪

■通算成績

総出走回数 出走数 優勝 1着 2着 3着 着外 棄権 失格 勝率 2連対率 3連対率
~1昨年 合計 304 1 22 57 59 164 1 2 7.2% 25.9% 45.3%
F2 209 0 15 37 41 116 0 0 7.1% 24.8% 44.4%
F1 95 1 7 20 18 48 1 2 7.3% 28.4% 47.3%
昨年 合計 88 0 3 10 5 70 0 0 3.4% 14.7% 20.4%
F2 46 0 2 6 1 37 0 0 4.3% 17.3% 19.5%
F1 42 0 1 4 4 33 0 0 2.3% 11.9% 21.4%
本年 合計 15 0 2 2 5 6 0 0 13.3% 26.6% 60.0%
F2 12 0 2 2 3 5 0 0 16.6% 33.3% 58.3%
F1 3 0 0 0 2 1 0 0 0.0% 0.0% 66.6%
通算 合計 407 1 27 69 69 240 1 2 6.6% 23.5% 40.5%
F2 267 0 19 45 45 158 0 0 7.1% 23.9% 40.8%
F1 140 1 8 24 24 82 1 2 5.7% 22.8% 40.0%

三宅玲奈選手の趣味

ジャニーズが大好きです!!
タッキー(滝沢秀明)、嵐、KAT-TUN、永瀬廉くん(King & Prince)とか、みんな好きです!(笑)
超かっこいいです。
ジャニーズが出ているドラマやライブDVDもよく見ています。2020年1月1日のレースで1着が取れたんです!
大晦日、嬉しかったです。
理想のタイプは、もちろんジャニーズ系です(笑)
あとは、田中圭や向井理みたいに、優しそうでサッパリした顔の人もカッコいいなあって思います!って…そんなところばっかり見てるから、現実に戻れなくなるんですよね…。
はぁぁぁぁー
現実的には“見た目”より、男らしくて私を引っ張ってくれる人が良いかなあ。
あまり人混みが得意じゃないので、静かでゆっくりできるところでデートしたいです。

上記、競輪マルシェインタビューより引用

目指せ、グランプリトライアル出場!

2度目の優勝ができるようにもう一度優勝することがいちばんの目標
2018年12月に初優勝して以来なので、2度目を目指す。
そしてその後は、『競輪祭』で行われる、ガールズグランプリのトライアルレースにも出られるようになりたいです。

まだ全然力が及ばないので、来年(2021年)の目標として、頑張っていきたいです。

2020年幸先のよいスタートをきっている

20年のガールズ白星一番乗りは三宅玲奈選手が決めた。
同じガールズ開催の伊東6Rより、約30分先に始まった予1・6Rで、三宅は逃げた加藤恵の後位から抜け出した。

白星は2019年5月弥彦一般以来で勝ち上がり戦となると一昨年12月防府の優勝以来となる。
三宅は満面の笑みでVサインを作り「初戦で早くも1着なんて、めっちゃうれしい。追加を受けて、初めて取手にきてよかった。バンクが軽く感じる。自分もそうだし、ファンにもお年玉になったかも」と言葉が弾んだ。
落車で苦しんだ一昨年や昨年はもう遠い過去となり、「今は街道の乗り込みを中心にしっかり練習できている」とかたっている。
20年は勢いを増していく三宅玲奈選手に注目である。