注目キーワード

競輪ルーキーシリーズ新人戦2020広島注目選手

競輪ルーキーシリーズ新人戦2020:概要

  • グレード FⅡ
  • 開催形態等
    男子新人選手5レース×7車立
    女子新人選手2レース×7車立
    (+A級1・2班×5レース×9車立)の計12R制で開催
  • 開催数及び開催時期
    2020年5月15日(金)〜17日(日)広島競輪場
  • 概定番組
    初日、2日目はオールトライアル、最終日「決勝」と「一般」
  • 競技規則
    男子は、先頭固定競走(オリジナル)
    女子は、先頭固定競走(インターナショナル)
  • トーナメントについて
    男女ともに予選(第1走・第2走)は、1着4ポイント、2着2ポイント、3着1ポイント、その他は0ポイント。
    予選(第1走・第2走)の累計ポイント上位者、同点の場合は養成所在籍時順位上位者から決勝進出者を判定。
  • 級班
    男子はA級3班、女子はL級1班
  • 脚力評価
    概定番組のレース平均点を基に算定し、出走表及びKEIRIN.JP等の直近4ヶ月の平均得点(脚力評価)に反映。

競輪ルーキーシリーズ新人戦2020:展望情報

「競輪ルーキーシリーズ2020」の第1弾が、5月15日から広島競輪場でスタート。
7月、チャレンジでのデビューを前に同期同士による戦いは、7車立てによる初日、2日目の予選2走によるポイント制。
プロとしての第一歩、熾烈なバトルを制して、決勝にコマを進める7人は誰か。

養成所の順位が物を言うのか、それとも…。

シリーズの主役を務めるのは地元の町田太我。
養成所では3回行われた記録会すべてで、史上初となるゴールデンキャップを獲得した。
競走訓練では先行で8勝、まくりで6勝をあげていて、11位の在所順位よりも、周囲の評価は高い。ホームバンクでのアドバンテージを生かし、持ち前のスピードで圧倒か注目である。

在所順位1位の長田龍拳は、競走訓練での勝ち星29も今シリーズのメンバーで抜けた数字。HPD教場にも選ばれているだけに、ポテンシャルは疑う余地がない。
ほかでは、在所順位の上位からあげると青野将大(4位)、櫻井祐太郎(8位)、成清龍之介(10位)、兼本将太(12位)、長谷部龍一(15位)坂本紘規(16位)の6人は展開ひとつで逆転までありそうだ。

競輪ルーキーシリーズ新人戦2020:注目選手

在校成績順位 11
生年月日 2000年07月08日
登録番号 015464
身長   181.6cm
体重   79.7kg
在校時生活班 2班
指導選手 吉本哲郎教官短評3回の記録会すべてでのゴールデンキャップ獲得は史上初
180cm を超える身長から生み出されるスピードは、今回生ナンバーワンだ。「父と見たレースの迫力がすごかった」と競輪に魅了された町田がプロとしての道を踏み出す。
在校成績順位 1
生年月日 2000年12月09日
登録番号 015440
身長   177.2cm
体重   94.1kg
在校時生活班 3班
指導選手 渡邉晴智教官短評競走訓練で29 勝をマークした静岡の大型ルーキー。
在所時はトップスピードが評価され、HPD教場に選出された。「デビュー後は、ラインのことを考えて走っていきたい」。南関地区の即戦力として、大きな期待がかかる。
  • 鈴木陸来選手在校成績順位 35
    生年月日 1996年10月26日
    登録番号 015441
    身長   162.2cm
    体重   70.5kg
    在校時生活班 5班
    指導選手 新田康仁教官短評
    モトクロスライダーの父の影響で、プロスポーツ選手に憧れて輪界へ。
    競走訓練では「先行できた回数は他の人より多かった」と、胸を張る。
    在所順位は中位ながら、大学時代も競技で輝かしい実績を残していて、ポテンシャルは高い
  • 貴志修己選手在校成績順位 29
    生年月日   1996年01月18日
    登録番号   015458
    身長     175.9cm
    体重     82.6kg
    在校時生活班 1班
    指導選手   中野彰人教官短評
    何ごとでも一番になりたい性格」と、プロ向きのメンタル面を持ち合わせ、自転車経験がないなかで一発で入所試験に合格した。3回の記録会すべてでA評価。HPDにも在籍したように、トップスピードには自信を持っている。

競輪ルーキーシリーズ新人戦2020女子戦

ガールズの118期も男子同様に初日、2日目の予選2走のポイント制で決勝進出を争う。

118期は早期卒業制度での卒業者がいなく、今シリーズは素直に在所ナンバーワンの永塚祐子を信頼したい
競走訓練での35勝、27回の先行回数、そして逃げ、まくりを合わせた自力での勝ち星とどれをとっても在所1位。このメンバーでは抜けた存在とみる。アマチュア歴がないなかでの、養成所の成績だけに34歳でもまだ進化の途中だ
まずは同期を相手に力の差を見せつけたい。

在所順位5位の下条未悠は、ジュニアオリンピックカップ500メートルTTで優勝など、アマチュアでの実績も申し分ない。
「競走訓練ではまくり、追い込み主体だったので、先行もできるように」と、課題を明確にしていた。それだけに卒業からの1カ月半での成長にも期待したい。

在所順位7位の永禮美瑠、同じく愛知で8位の杉浦菜留、適性組ながら11位と奮闘した青木美保、追い込みとして安定感ある9位の國村美留莉などの名前も覚えておきたい。

在校成績順位 1
生年月日   1985年10月25日
登録番号   015487
身長     168.1cm
体重     68.6kg
在校時生活班 1班
指導選手   石井毅教官短評OLとして10年のキャリアを積んで輪界へ
13 年間のバスケットボールでベースを培った身体能力が開花。第2、3回の記録会でゴールデンキャップに輝いた。競走訓練での先行の勝ち星も、他を圧倒している在所ナンバーワン。
在校成績順位 5
生年月日   2000年10月20日
登録番号   015495
身長     169cm
体重     68.9kg
在校時生活班 1班
指導選手   表大暁教官短評伯父の表大暁(82 期)に師事して輪界入り。
競走訓練では高い身体能力と恵まれた体格を武器に善戦。「まくり、追い込み主体だったので、先行もできるようにして、戦法の幅を広げたい」。
デビューに向けて、着々と準備を進める。
  • 永禮美瑠選手在校成績順位 7
    生年月日   2000年04月15日
    登録番号   015492
    身長     151cm
    体重     61.8kg
    在校時生活班 1班
    指導選手   吉田敏洋教官短評
    学生時代はBMXで世界選手権に出場した経験を持つ。BMXで培った安定した走行技術と瞬発力を武器に競走訓練では存在感を発揮した。「戦法のレパートリーを増やして安定して着にからめるように」。デビュー後が楽しみだ。
  • 杉浦菜留選手在校成績順位 8
    生年月日   2000年07月23日
    登録番号   015490
    身長     160cm
    体重     60.8kg
    在校時生活班 1班
    指導選手   鈴木伸之

教官短評
中学3年生から4年間、ガールズサマーキャンプに参加。
「好きなことを職業にしたい」と、この世界に入った。「滝澤所長の話を聞いて、自分でレースを動かせる選手になりたいと思った」。
同県のガールズと共にトップを目指す。