注目キーワード

[史上初]超期待の新人117期寺崎浩平/菊池岳仁が2020年競輪界を盛り上げる!

「史上初の快挙」117期で早期卒業者が一度に2名選出!!

日本競輪選手養成所(JIK)の117回生(男子)において、2人の候補生の早期卒業が発表された。
早期卒業となるのは寺﨑浩平菊池岳仁

2019年5月に一部改正された日本競輪選手養成所の制度発足以来、初の認定となる。
早期卒業者の卒業証書授与式は12月25日(水)に行われ、競輪デビュー戦は2020年1月となる。

競輪プレス

早期卒業によって、半年も早く競輪選手としてデビューする2人。

一部の改正があったとはいえ、かなりの狭き門を潜り抜けた両選手のポテンシャルの高さは、S級の実力はあると見ている。

競輪ルール:早期卒業制度とは

日本競輪養成所は通常5月入所、翌年3月卒業、7月にデビューだが、定められた規定を満たした候補生は早期卒業が可能となる。
本年度5月に改正された規則で「本養成所は教育計画に定める記録会のうち、入所直後期または中間期に実施する記録会において、ゴールデンキャップを獲得した者を早期卒業候補者に選定する」と定められた。
ゴールデンキャップを獲得し早期卒業候補者となった場合、養成所が定める要件を満たし、12月実施の早期卒業候補者向け競輪選手資格検定に合格すれば早期卒業となる。

早期卒業までの流れ

  1. 入所直後期(5月)または中間期(9月)に実施する記録会において、
    ゴールデンキャップを獲得
  2. 養成所が定める所定の基準をクリア!!
    ・卒業認定考査
    ・競争訓練の勝率が20%以上
    ・最終周回バックストレッチを先頭で通過し3着以内に入着した回数が、10%以内
  3. 12月に実施される選手資格検定の受験が認められる
  4. 選手資格認定に合格

以上のステップをクリアしたら晴れて、『早期卒業』となる。

ゴールデンキャップとは?

日本競輪選手養成所では、記録会の成績によって、訓練時に着用するヘルメットキャップの色が決められる。
ゴールデンキャップは「スピード・持久力共に優れている」とされるタイムを取った候補生だけが着用することができる色。なお白・黒・赤・青は記録会ごとの能力区分によって養成所から「貸与」されるが、ゴールデンキャップだけは本人に「授与」される。

第1回・第2回記録会におけるゴールデンキャップ獲得者は町田太我(第1回・第2回)、菊池岳仁(第1回・第2回)、坂本紘規(第2回)、寺崎浩平(第2回)、永塚祐子(第2回)の5人
。2019年9月に行われた「第117回・第118回 第2回卒業認定記録会」でのゴールデンキャップ獲得者は、史上最多の5人だった。

競輪プレス

記録会で1回,2回とゴールデンキャップを獲得している町田太我選手は惜しくも早期卒業とはならなかった。

半年間しっかりと調整に常にベストコンディションを持ってこれるような選手に成長して競輪選手へとデビューしてくれるだろう。

[早期卒業]寺﨑浩平選手とは

・生年月日 平成6年1月4日
・年齢 25才
・府県 福井県
・最終学歴 私立 法政大学卒業
・主な競技歴
2017年 愛媛国民体育大会 ケイリン 優勝
2018年 福井国民体育大会 ケイリン 優勝 チームスプリント 優勝

記録会 200mFD(※) 400mFD 1000mTT 3000mTT
ゴールデンキャップ基準 11″20以内 23″00以内 1’08″00以内 3’49″50以内
第1回(入所直後期) 10″69 22″40 1’07″37 3’49″75
第2回(中間期) 10″33 21″99 1’07″53 3’48″00
  • 「競争訓練では自転車競技歴10年の経験、技術を駆使し、鋭い捲りで1着を量産」
  • 「勝率は全体で群を抜く」
  • 「先行しても逃げ切れる脚があるため、臆することなく勝負できる」
    と評価されている。200mFDで養成所新記録も更新。
    また、現役のナショナルチーム所属選手(脇本雄太新田祐大深谷知広選手)の在籍時よりも好タイムを記録している。

加速力とスピード持久力は候補生トップ。

競輪プレス

トラックナショナルのBチームに所属している。

東京以降のオリンピックを目指す意欲もあり、2020年の活躍が楽しみである。

寺﨑浩平選手「脇本雄太選手と肩を並べられるような選手に」

早期卒業が決まった際は本当に嬉しく思いました。
プロの世界ではいろんなレース展開が起こりえますが、捲りには自信がありますし、私の力もきっと通用すると信じています。
デビュー後は一気にS級まで駆け上がりたいです。

デビュー3年以内に地元の福井GⅢで優勝、その後はグランプリに出場できるような選手になることを目標に、そして、脇本雄太選手と肩を並べられるような結果を残せる選手になりたいです。
早期デビューということでお客様からたくさんの注目が集まると思うのですが、ご期待に応えられるよう精一杯頑張っていきたいと思っています。
応援よろしくお願いします。

競輪プレス
2020年の新風をまき起こしてくれそうな選手である。
明確に目指す目標が定まっており、結果はすぐに出るだろう!!
寺﨑浩平候補生は2020年1月16日〜18日開催の和歌山競輪(FⅡ)でデビューとなる。

[早期卒業]菊池岳仁選手とは

・生年月日 平成12年6月7日
・年齢 19才
・府県 長野県
・最終学歴 長野県立 岡谷南高等学校卒業
・主な運動歴
高校 スピードスケート
全国高等学校総合体育大会 1kmタイムトライアル 7位
2018年 福井国民体育大会 1kmタイムトライアル 4位

記録会 200mFD 400mFD 1000mTT 3000mTT
ゴールデンキャップ基準 11″20以内 23″00以内 1’08″00以内 3’49″50以内
第1回(入所直後期) 11″09 22″80 1’07″44 3’47″92
第2回(中間期) 10″56 21″88 1’04″05 3’39″43
  • 「競争訓練では常に先行し、他の候補生を力で圧倒」
  • 「第1回トーナメントの決勝では、最終周回前回の第2コーナーからかまし先行で力勝負を行い、惜しくもゴール前で差されたものの、強烈なインパクトを残す」と評価される。
    400mFDと1000mTTで養成所記録を更新。

寺﨑浩平候補生と同じく、現役のナショナルチーム所属選手(脇本雄太新田祐大深谷知広選手)の在籍時よりも好タイムを記録している。

加速力とスピード持久力を兼ね備えており、自転車競技歴は浅いものの、ナショナルBチーム入りを果たしている。

菊池岳仁選手「絶対に勝てないと思わせるような走りを」

自転車競技歴も浅く慣れないことばかりでしたが、多くの方に応援していただいたことに感謝しております。私は長い距離を逃げ切り先行で勝つことを得意としており、お客様には私の持ち味である先行力を認めてもらえるよう頑張りたいと思っています。
長い距離を踏んだ後の踏み直しなど「最後の一歩・あとひと伸び」が課題だと感じているので、その点を重点的に練習してデビューしたいと思います。
デビュー戦では、先行で他の選手を寄せ付けない、絶対に勝てないと思わせるような走りをして1着を勝ち取りたいです。
応援よろしくお願いします。

と語っている。

競輪プレス
入所直後期(5月)中間期(9月)の両方で、ゴールデンキャップを獲得していた、菊池岳仁選手は順当に早期卒業を手にしたようであった。元々は高校時代にスピードスケートを行っていた事でブレない体幹と脚力が養われたのだと考えられる。
寺﨑浩平候補生は2020年1月19日〜21日開催の岐阜競輪(FⅡ)でデビューとなる。