注目キーワード

ガールズグランプリ2019前夜祭

GP・YGP・ガールズグランプリとは

KEIRINグランプリは昭和60年(1985)に創設され、その年のトップクラス9名を集めて対戦させるという夢の対決は、開催前は初めてということもあり関係者の間からも不安の声が出ていたが、いざ30日を迎えると4万人の大観衆で立川競輪場は埋め尽くされた。

第1回の選手選考基準は、当時5大特別と呼ばれた競輪祭・日本選手権競輪・高松宮杯競輪・オールスター競輪・全日本選抜競輪の優勝者、世界選手権自転車競技大会プロ・スプリント優勝者、及びS級勝率・勝利数・賞金獲得額第1位者とし、9名に達しないときはS級勝率の上位者より順次選抜するというもの
第1回の優勝賞金は1000万円。
競輪界のトップスターである、中野浩一が優勝した

その後、公営競技1年の最後を飾るKEIRINグランプリは、12月30日に行われることがファンの間で完全に定着し、年末の風物詩となっている。
平成13年(2001)には競輪界の頂点となるレースに位置づけられた。
平成16年(2004)からは、賞金(副賞込)が1億円となり、平成26年(2014)の賞金より1億円を超えて(副賞込)さらに注目が集まることとなった。

平成24年(2012)7月より実施されたガールズケイリンにおいても、『KEIRINグランプリシリーズ』で、ガールズグランプリ(FII)が実施され、平成24年(2012)は小林莉子が優勝し初代女王として賞金(副賞込)500万円を獲得した。
平成26年(2014)からは賞金(副賞込)が1000万円となりさらに注目が集まっている。

競輪プレス

今回は、今年の締め括りに行われるガールズグランプリ出場選手をピックアップしていこうと思う !!

競輪ガールズグランプリ前夜祭:京王プラザホテル新宿

京王プラザホテル新宿で前夜祭が行われた。
そこの出席した、12月28日/11RでKEIRINガールズグランプリ2019出場選手のコメントを紹介していく。

競輪プレス

グランプリを目前に控えて、各のどのような心境でのぞみ。

どのようなレース展開を狙っているのか情報の多い前夜祭となった。

梅川風子選手:地元の意地を見せるか

獲得賞金13,913,000円(2019年4位)
「競輪祭ガールズグランプリトライアル2019アメジストレース」で優勝し、ガールズグランプリ出場権を獲得した。

一生に一度あるかないかの奇跡の開催
今回立川のガールズグランプリということで、東京の地元地区で1着で優勝することが1番盛り上がると考えており、1着目指してとにかく頑張る!

今年1年間大きな怪我なく来れたことが、このグランプリに1番繋がっていると思います。去年は参加するだけになってしまったグランプリですが、今年はしっかりとっていきたいと思っていますし、今年1年しっかり過ごして来たことを前提にしてグランプリでは走りたいと思います。

立川競輪場のバンクの印象は、軽いバンクではないという印象はあるが、特に問題になる事はなさそうである。

車番については、1番車をもらえたことは嬉しいが、仮に外枠でも特に問題はなかったようである。

ガールズグランプリへの意気込み

地元で行われるグランプリということで、一生に一度あるかないかの奇跡の開催だと思っています。
しっかりここで1着を取ることが自分にとってもファンの方にとってもベストだと思うので、ベストを尽くしたいと思います。

小林優香選手:東京2020へ向けた1戦

ナショナルチームでの活動もあり、今年の競輪には6開催・12レースしか出走していないが、そのうち11レースで1着となっている。
「競輪祭ガールズグランプリトライアル2019トパーズレース」で優勝し、ガールズグランプリ出場権を獲得。

4年ぶりのグランプリ出場、気持ちはこの中で1番強い
4年ぶりのガールズグランプリ、優勝目指して頑張る。

国内の出走は少なかったが、ラストチャンスのトライアルで優勝して出場を決めたので、グランプリでもしっかりチャンスをものにしてくるだろうか。

立川競輪場のバンクについては悪くないイメージ。
個人的に黒が好きなので2番車は気分も上がるのでしっかりレースに臨みたい。

小倉の競輪祭のあとは、3日後には香港に立ち、香港のワールドカップに出場。
そこでケイリンで銅メダルを取得。
シーズン初戦すごくいいスタートが切れ、今後金メダルを目指していくために、グランプリの後1月5日から国外合宿がある。
世界選手権に向けてもっともっと仕上げていきたい

ガールズグランプリへの意気込み

4年ぶりのグランプリ出場です。
このグランプリに出るために小倉のトライアルへの出場を決意し、優勝し、出場権を手にしました。
この中で1番グランプリに対する思いが強いと思います。
その思いを結果に出せるよう頑張ります。
競輪プレス

競輪での出生回数は少ないものの、実力は折り紙付きである。

東京オリンピックへ向けて、2019年最高の形で終わるか注目である。

児玉碧衣選手:前人未到の大会連覇へ

ホームバンク福岡
期別:108期
獲得賞金18,319,000円(獲得賞金ランキング1位)
2019年のファン投票1位。
昨年2018年のガールズグランプリの覇者

「初のガールズグランプリ連覇を目指して」
2年連続でグランプリ優勝する意気込みは十分。

去年のグランプリで優勝したことで、今年はメンタルが成長した一年であったよう。
2年連続優勝した選手はいないので、しっかり自分が初めの選手になれるよう、積み上げて来たものを出して自信を持って走る。

立川競輪場を走ったのは3、4年前なのであまり覚えてないようだが、よく聞く話では直線が長いとか、風が強いとか。前回走った武雄が似たバンクだと言われたので、イメージトレーニングはできています。

車番に関しては、3番車はあまり着ないが、赤なので、・・・燃える。

ガールズグランプリへの意気込み

連覇を絶対にしたいという思いがあります。
1年間ガールズケイリンで積み上げたものをしっかりぶつけられるよう、頑張りたいと思います。

石井寛子選手:ホームバンクで優勝を狙う

獲得賞金16,755,000円(2位)。
名古屋で8月に行われたガールズドリームレースを制した。

「色々な記録が作れたいい年」
東京の立川競輪場で走るので、たくさんの友達が来てくれると思う。
来てよかったと思ってもらえるようなレースをしたいと語った。

2019年は色々な記録が樹立。
18連勝、300勝、ドリーム初優勝、国体のケイリン優勝、一億円突破・・・いい年の締め括りにぴったりのレースである。

立川競輪場のバンクはとても難しくて、小倉のトライアル終わってからすぐ練習し、まだマスターしてないようである。

ガールズグランプリへの意気込み

6年間ガールズグランプリ走らせていただいて、1、2、3、4、5、6着を取っています。
ってことは・・・とならないように頑張りたい。
東京の立川でやるので、ぜひ生で応援してください。

石井貴子選手:昨年の雪辱をはたす

獲得賞金15,117,000円(3位)。
別府で7月に行われたガールズケイリンフェスティバルを制した。

去年の準優勝の悔しさを糧に走ってきた11ヶ月
今年は昨年より良い結果を出せるよう、精一杯がんばりたい。

昨年の静岡のグランプリでの2着から私の2019年が始まって、序盤は苦しい思いもしたが、5月から16連勝とサマーナイトフェスティバルの優勝がここに繋がったと思う。

その時その時で体調が悪かったり怪我をしたりはあったが、精一杯過ごして来れたのは去年の悔しさがあったから。去年の悔しさを含めて、自分の力を出し切りる意気込みであった。

ガールズグランプリへの意気込み

去年の悔しさを糧に走って来た11ヶ月でしたので、その思いをぶつけられるよう、力を出し切れるよう頑張りたいと思います。

佐藤水菜選手:初出場

獲得賞金13,553,100円(5位)。
今回の出走ガールズ選手の中では最年少での出場である。

初出場、チャレンジャーらしく自分らしい走りで
グランプリは目標ではなく通過点だと思っているので、優勝に向かってがんばる。

デビューして約半年走ってみて、その反省を生かしてこれた1年間だった。

毎レースごとに反省を繰り返して来た結果が18連勝、今年18回の優勝という結果に繋がったと思う。
反省をたくさんしてきて、その反省を生かしてきたレースをぶつけて、「グランプリを取る」という強い気持ちで走りたいと思います。

立川競輪場は今年6月の終わりに追加で走らせていただいて、その時に1年の目標だった優勝10回を達成した場所。いいイメージがある。

ガールズグランプリへの意気込み

初出場で緊張するかなとは思っていますが、緊張せず自分らしい走りで、チャレンジャーらしく思い切り走れたらと思います。

奥井迪選手:走りなれたホームで対抗する

獲得賞金12,551,000円(8位)。
今回のグランプリはホームバンク立川での戦いとなる。

地元立川でのグランプリに向けて、この1年走ってきた
今年は立川のみなさんに支えていただいた1年でしたので、その思いを乗せて、地元の立川でしっかり自分らしいレースをしたいと思う。

今年は納得のいくレースが少ない、迷いのある1年でしたが、1年間しっかり走りぬいたからこそここにいられますし、ここで走れる意味をしっかり考えて走りたいと思います。

立川競輪場のバンクは、いつも練習してる走り慣れたバンク。
地元ということで気持ちも入り、7番車で1番お客さんに近い位置なので、声援を力に変えて走りたい。
そして7番、オレンジということで、私も燃える。

ガールズグランプリへの意気込み

この1年、地元立川でのグランプリに向けてやって来たので、そこで走れることにまず感謝したい。
地元のお客さんの前で魅せるレースをし、たくさんの声援をいただけること期待しています。
当日はぜひ生で応援してください。

競輪プレス
児玉碧衣選手の2連覇や、地元優勝など誰が買っても盛り上がる一戦である。