注目キーワード

KEIRINグランプリ2019前夜祭

GP・YGP・ガールズグランプリとは

KEIRINグランプリは昭和60年(1985)に創設され、その年のトップクラス9名を集めて対戦させるという夢の対決は、開催前は初めてということもあり関係者の間からも不安の声が出ていたが、いざ30日を迎えると4万人の大観衆で立川競輪場は埋め尽くされた。

第1回の選手選考基準は、当時5大特別と呼ばれた競輪祭・日本選手権競輪・高松宮杯競輪・オールスター競輪・全日本選抜競輪の優勝者、世界選手権自転車競技大会プロ・スプリント優勝者、及びS級勝率・勝利数・賞金獲得額第1位者とし、9名に達しないときはS級勝率の上位者より順次選抜するというもの
第1回の優勝賞金は1000万円。
競輪界のトップスターである、中野浩一が優勝した

その後、公営競技1年の最後を飾るKEIRINグランプリは、12月30日に行われることがファンの間で完全に定着し、年末の風物詩となっている。
平成13年(2001)には競輪界の頂点となるレースに位置づけられた。
平成16年(2004)からは、賞金(副賞込)が1億円となり、平成26年(2014)の賞金より1億円を超えて(副賞込)さらに注目が集まることとなった。

ヤンググランプリは平成7年(1995)に、兵庫県南部地震の復興支援競輪として、デビュー5年未満の平均競走得点上位者9名を集め、特別競走として行われたのが最初となり、金古将人が優勝し賞金1500万円を獲得した。
その後、しばらく開催されることはなかったが平成13年に行われた新番組制度によってGIIに格付けされ、若手選手の登竜門としてファンの間に定着するようになった。

平成24年(2012)7月より実施されたガールズケイリンにおいても、『KEIRINグランプリシリーズ』で、ガールズグランプリ(FII)が実施され、平成24年(2012)は小林莉子が優勝し初代女王として賞金(副賞込)500万円を獲得した。
平成26年(2014)からは賞金(副賞込)が1000万円となりさらに注目が集まっている。

競輪プレス
今回は、今年の締め括りに行われるグランプリ出場選手をピックアップしていこうと思う !!

競輪グランプリ前夜祭:京王プラザホテル新宿

京王プラザホテル新宿で前夜祭が行われた。
そこの出席した、12月30日/11RでKEIRINグランプリ2019出場選手のコメントを紹介していく。

競輪プレス

グランプリを目前に控えて、各のどのような心境でのぞみ。

どのようなレース展開を狙っているのか情報の多い前夜祭となった。

1車:中川誠一郎選手(SS・熊本85期)

今年はG1を2回獲らせて貰いました(笑)。
グランプリは3年ぶりですけど、前回より良い着が取れるように頑張りたいと思います。
ちょっと出来すぎな一年でしたね。
グランプリにはもう戻ってこられないと思っていたんですけど、戻ってこられて良かったです。
立川は3年ぶりで、グランプリ以来の出走なので、そのグランプリのイメージしか最近はないですね。
たぶん単騎になるとは思います。
レースで誰か前にいたりしたら、ついていくかも知れませんが、コメント的には1人です。

2車:松浦悠士選手(SS・広島98期)

第61代競輪王の松浦悠士です(笑)!
グランプリは勝ちを意識せず。
でも、シッカリ優勝を狙って、いつも通りの自分の走りができるように頑張りたいです。
今年は自分の思った以上のレースが1年を通してできたし、タイトルも獲れた。
自分が思った以上に成長できた1年だったと思います。
立川の印象は2回目で、そこまで印象はないです。
冬の立川もそこまで重たくなかったかなという印象だけは残っています。
走りにくい感じもなかったです。
2番車は少しでも内が良かったので、凄く走りやすい番号だなと思います。
清水君との息の合った走りを見て欲しいです。

3車:脇本雄太選手(SS・福井94期)

今年2年連続のグランプリに出られたことを本当に光栄に思いながら、近畿の前でインパクトのあるレースを。
とにかく懸命に頑張りたいなと思います。
走る競輪の本数は少なくなってきているのですが、それでも自分の中では充実した1年だったかなと思います。
来年の東京オリンピックもそうですし、今年のグランプリでも自分の中では最高の成績を残せるように、シッカリ頑張りたいです。
実戦を離れて、精神的な不安はあるんですけど。
まだ10日ありますし、まだ慌てずに、シッカリ頑張りたいなと思います。
立川は捲りが効きやすいイメージあるんですけど、僕自身は捲りがあまり得意ではないので。
それを払拭したうえで、自分が力を出し切れたら良いなと思います。
車番は昨年もグランプリで3番車だったので、景気が良い番号かなと。
今年は特に競輪を走る機会が少なかったので、その分も含めて、インパクトあるレースをしたいなと思います。

4車:佐藤慎太郎選手(SS・福島78期)

現在の競輪界をリードしているこのメンバーに混じって走れることに誇りを持って。
そして、自分の持ち味をキッチリ出して頑張りたいと思います。
さすがに13年も間があくと、本当に初出場のような初々しい気持ちでいます(笑)。
普段、競輪を買わない方たちも、グランプリは競輪を目にする機会だと思う。
そういう方々にも競輪の魅力を伝えられるような走りができればと思います。
冬の立川ですから風も強くて、重たいと思いますけど。
直線も長いですし、追い込み選手にもチャンスはあるので、好きなバンクの一つですね。
僕は新田の後ろについていく、ただ、それだけに集中します。
それだけが僕の仕事だと思っています。

5車:清水裕友選手(SS・山口105期)

この状態で……また、グランプリを走れるとは正直、思っていませんでした。
精一杯、自分の力を出し切ります。
前半はケガとかもあり、ちょっと初めてのケガで苦しかったところもありますけど。
シッカリと、赤パンのプレッシャーを自分の力に変えられたと思っています。
正直、今まではSSの選手を憧れで見ていたところが強かった。
でも、いざ自分が赤パンを履いてみると、今まで味わったことのないような緊張感で苦しかった。
だけど、その中でもシッカリ戦えたと思います。
立川の印象はとにかく自分の中で走りやすいイメージです。
S級で初めて決勝に行ったのは立川ですし、今年1月の記念も獲らせて貰ったので好きなバンクです。
5番車が一番好きなので、良いなと思っていました。
最後まであきらめない泥臭い走りを見ていただきたいですね。

6車:郡司浩平選手(SS・神奈川99期)

僕は最後の最後までグランプリを走れるか分からずに結果待ちでした。
だから、結果を恐れずにグランプリは優勝を目指して走りたいです。
改めて前夜祭にくると緊張感が増しますね。
今年はケガをして走れない時もあったんですけど、後半はモチベーション上げて巻き返せました。
2年前の悔しさがあっての今だと思うので、まずはその壁を乗り越えられたのが良かったと思います。
落車(競輪祭)の影響はほとんど問題なく、今は練習も追い込めている。
まだ10日近くあるので、万全の状態で臨めるかなと思います。
冬場の立川バンクは風が強くて重いイメージがあります。
昔は重いバンクが苦手でしたが、今はトレーニングで苦手なイメージなくなったという感じ。
南関東は1人なので、単騎で戦おうと思います。
単騎ですけど、どこかで自力を出せるチャンスがあれば、シッカリ前に踏みたい。

7車:新田祐大選手(SS・福島90期)

このKEIRINグランプリという大きな舞台で。
そして、日本の競輪を世界に発進する場ということで、シッカリ優勝を目指して頑張りたいと思います。
脇本君も言っていましたけど、なかなか競輪の現場に出場する機会が少なくて。
自分としても競輪選手としてすごく歯痒い部分もありました
競輪って、難しいなと……そんな風に実感する前半戦でした。
でも、中盤からオールスターにかけては失敗もありながら。
何としても結果を残してオリンピックに向かっていきたいという気持ちが凄く強かったです。
自分の気持ちだけではなく、福島の選手、オールスターの決勝では菅田壱道君の力があったからこそ。
みんなの力を合わせて競輪を走れて、2019年は凄く楽しかった。
また、2020年に向けて、勇気を貰ったかなと感じています。
バンクの印象は立川に限らず、僕は残していないので、ないです。
車番に関しても、ないです。
先日のワールドカップでは金メダルを獲得できて結果を残せているので。
今度は競輪という舞台で恩返しできるように、ここでも金メダルを獲れるように頑張ります

8車:平原康多選手(SS・埼玉87期)

納得がいく1年ではなかったんですけど、何とかここまでたどり着いた。
最後は納得いくように優勝を目指して頑張りたいと思います。
大きなケガはなかったんですけど、試行錯誤していたことが噛み合わず。
噛み合ったのが夏場の時だけ、そこにしかチャンスがなかった1年だったと思います。
グランプリ10回目ですけど、段々、神山(雄一郎)さんの気持ちが分かってきました。
競輪祭の後は10日間くらいオフにして、一旦、リセットして身体を作り直しています。
冬の立川バンクは風とか過酷なイメージ、8番車のイメージはあまりないです。
競輪祭が終わってメンバーが出た時から、単騎を想定してトレーニングしています。
ここ!と、決めた時の躊躇しない走りをしたいと思います。

9車:村上博幸選手(SS・京都86期)

今年もグランプリに出られて、嬉しく思っています。
最高のメンバーで走れるので、悔いのないように全力で頑張りたいと思います。
毎年そうですけど、ガムシャラにやってきた1年でした。
振り返ってもG3でも安定した成績を残せたので、安定感のあった良い1年だったと思います。
G1前橋寛仁親王牌を優勝してからは少し疲れが出た部分もありますけど。
今は計画通り練習もできている、状態は良いと思います。
グランプリを目標にするというのは競輪選手にとって一番大事なこと。
また、40歳にして出場できたので、シッカリ自信を持って戦いたい。
立川は自分がグランプリ優勝したので、そのイメージと、走りやすい印象があります。
脇本君の後ろを追走できるように、シッカリ集中して頑張りたいです。
競輪プレス

松浦悠士選手と佐藤慎太郎選手のライン、脇本雄太選手と村上博幸選手のラインに注目である。

東京オリンピックに出場予定の新田雄大選手にも注目である。
どのように今後のこコメントから変化するのかも注目していおこう。

ガールズグランプリの前夜祭はこちらから!