TAG

浅井康太

[落車事故]浅井康太鎖骨、肋骨骨折手術し復帰を目指す

別府記念競輪最終日12R優勝戦で起こった悲劇、 2019年の最後の出走レースで浅井康太選手がまさかの落車となってしまった。 競輪ファンの皆様へ 先日の落車での怪我を ご報告させて頂きます。 鎖骨骨折 肋骨骨折4本(内1本が疑い) 肺挫傷 打撲・擦過傷 金曜日に手術をし復帰を目指します。 — 浅井康太 (@KOTA_KEEPLEFT) 2019年12月4日 競輪プレス 手術ということなのでかなりの重 […]

4連勝の完全Vで地元記念連覇中川誠一郎選手火の国杯争奪戦in久留米G3

4連勝の完全Vで地元記念連覇G3 中川誠一郎が最終バックから番手まくりを決めて優勝。 4連勝の完全Vで地元記念連覇を果たした。2着には松浦悠士、3着には門田凌が入った。 中川誠一郎選手の優勝へのレース展開 1/中川誠一郎(S1・熊本85期) 2/浅井康太(SS・三重90期) 3/松浦悠士(S1・広島98期) 4/中本匠栄(S1・熊本97期) 5/柴崎淳(S1・三重91期) 6/門田凌(S2・愛媛1 […]

【前橋・寛仁親王牌】村上博幸涙の復活V!三谷竜生と気迫の近畿ワンツーを決めた!

村上博幸:約5年ぶりのV!! G1「第28回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント」の決勝戦は15日、前橋競輪場で争われ、村上博幸が優勝。 「グランプリ2019」12月30日・立川の出場権利と賞金2940万円を獲得した。 村上博のG1優勝は14年2月の高松全日本選抜以来、5年ぶり3回目。 グランプリは2年連続4回目の出場となる。なお、2着は逃げ粘った三谷竜生で2車単<5>―<1>3150円は13番 […]

[動画付] 前橋競輪Gl最終日12RS級決勝:神山雄一郎以来の清水がG1・3勝なるか!?

第28回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント 最終日 S級決勝 前橋競輪場で開催中のGⅠ「第28回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント」は15日、最終日を迎え12Rで決勝戦(優勝賞金2940万円)が争われる。 本紙本命は、清水裕友を目標にする熊本のスプリンター・中川誠一郎。97年の神山雄一郎以来となる年間GⅠ3勝の偉業を成し遂げるとみたが、好調選手ぞろいで激戦必至だ。 <12R>ライン構成は三 […]

岐阜競輪(G3)長良川鵜飼カップ2019.9.21-24展望情報 *特集*

岐阜競輪長良川鵜飼カップ(G3)開幕! 展望情報 岐阜競輪場開設70周年記念「長良川鵜飼カップ」は9月21日~24日の日程で開催される。 今シリーズは浅井康太、武田豊樹のS班2名が参戦。 更にS班候補生の太田竜馬、山崎賢人ら若手の健脚が参戦する豪華メンバーである。 迎え撃つ地元勢は竹内雄作、志智俊夫とこちらも実力者ぞろいだ では各地区の注目選手をご紹介していく。 長良川鵜飼カップ:注目選手 中部地 […]

松坂競輪第35回共同通信社杯2019.9.13-16(G2)前検日 *特集*

第35回共同通信社杯(GII)開幕! 松阪競輪場を舞台に「第35回共同通信社杯(GII)」が、9月13日に4日間シリーズの熱戦の幕が開けた。 6人のS級S班をはじめとした輪界のトップ選手が、スピードバトルを繰り広げる。 輪界の次代を担う若手の参戦も多く、自動番組編成によるオール予選の初日から目が離せない。 好天に恵まれた12日の前検日は、多くの選手がバンクで汗を流し、翌日の激戦に備えた。 前検日情 […]

競輪界が誇るイケメンルーキー嵯峨・昇喜朗選手に迫る 113期期待の星

嵯峨 昇喜朗(さが しょうきろう)選手とは ☆さが・しょうきろう=1998年12月26日生まれ、青森出身。173・6センチ、73・6キロ。 主な自転車競技歴、、、 平成27年国民体育大会ケイリン第3位。 競輪学校卒業順位=第12位。 嵯峨昇喜郎(さが しょうきろう)選手とは2018年3月に競輪学校を卒業し同年7月にプロデビューしました。 今期最も注目されているルーキーなだけにさぞかし競輪学校時代の […]

開設69周年記念「G3・阿波おどり杯争覇戦」が開幕!! 

開設69周年記念「G3・阿波おどり杯争覇戦」が4日から7日まで、徳島県の小松島競輪場で開催される。 S級S班からは浅井康太(三重)、村上義弘(京都)、三谷竜生(奈良)の3人が出場するが、今年の地元・徳島勢は室井が「勝てない相手じゃない」と言い切る強力布陣。 05年の小川圭二以来、14年ぶりの小松島記念奪還へ絶好機を迎えた。 確かに、2月別府の全日本選抜で8年ぶりのG1決勝進出を決めた小倉竜二は、6 […]